« パリ アンテルフィリエール ⑵ 驚異の3Dプリンティング | トップページ | 「ジャコメッティ」展 没後半世紀を経た大回顧展 »

2017年7月31日 (月)

「アンプラント」パリの工芸品コンセプトストアを訪ねて

  「アンプラント(EMPREINTES)」はパリの北マレにある工芸品コンセプトストアです。手掛けたのは、パリで人気のセレクトショップ、「メルシー(Merci)」のバイヤーだそう。
 昨年秋に登場して以来、大きな話題を集めています。何故かというと、今どきちょっと珍しいアートギャラリーのような店だからです。今月初旬、パリにやって来た私、再度この店を訪ねました。
Img_87111  
 外観からして風情のある由緒ありげな一戸建てです。元はアクセサリー製造のアトリエだったといいます。4フロア、600㎡に、約1,000のインテリアオブジェや食器、家具、アクセサリーなどが、整然とディスプレーされています。
 Img_87141
 それらはいずれもフランスの伝統ある工芸家組合の会員の作品です。ですからすべて手作りのオリジナルです。
Img_87171_2  
Img_87181  店名の「アンプラント」は「指紋」とか「足跡」という意味です。一つひとつの作品にはこの名前のような痕跡を感じます。作り手の思いを伝える印象的な言葉、と思いました。

 自作を売り込む人も多いようです。併設のカフェは、コレクターとアマチュアの出会いの場になっているといいます。
Img_87241  
 小さなものから大きなものまで、また価格帯も様々。すてきなパリ土産が見つかるのではないでしょうか。

|

« パリ アンテルフィリエール ⑵ 驚異の3Dプリンティング | トップページ | 「ジャコメッティ」展 没後半世紀を経た大回顧展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/65599900

この記事へのトラックバック一覧です: 「アンプラント」パリの工芸品コンセプトストアを訪ねて:

« パリ アンテルフィリエール ⑵ 驚異の3Dプリンティング | トップページ | 「ジャコメッティ」展 没後半世紀を経た大回顧展 »