« ミラノウニカ ⑺ 結果速報 早期開催に有意義な成果 | トップページ | ホスピタルとデザイン展 丸と三角と四角が生む対話 »

2017年7月19日 (水)

ミラノ 「リナシェンテ100周年 イノベーションの歴史」展

  このところ、セレブなブランドの歴史をたどる動きが顕著です。ミラノの有名百貨店「リナシェンテ」も今年創業100周年とのことで、これを祝うイベント「リナシェンテ100周年 イノベーションの歴史」展が行われていました。場所はミラノの中心地、ドゥオーモの横にある美術館「パラッツォ・レアーレ」で、9月24日までです。
 私もミラノウニカ終了後の時間を利用して、見に行ってきました。
Img_98371_3
Img_98411jpg_3  リナシェンテの始まりは、1865年に遡るといいます。服地と仕立てを業としていた店を1917年にボルレッティ卿が買い取り、現在の名称に改められて、今に受け継がれてきたのですね。
Img_98421jpg_2  
Img_98471  展覧会では、その長いブランドの歴史を、ポスターや写真、イラストなど様々なアーカイブで辿ります。

 1950~60年代のファッションも並んでいます。

Img_98511jpg_2  
  リナシェンテは日本の百貨店と比べれば小規模ですけれど、感性豊かな商品を揃えています。  

 新しくできたウイメンズウェア館は、スポーツやアスレジャーに特化した売り場になっていて、ちょっと驚きました。アメリカン?なイメージで、エレガントな大人向けという殻を見事に打ち破っていたからです。
Img_94231_5
Img_94281_3  時代の変化によって、伝統も少しずつ変わっていきます。
 リナシェンテの新しい顔を見て、改めてそう思いました。

|

« ミラノウニカ ⑺ 結果速報 早期開催に有意義な成果 | トップページ | ホスピタルとデザイン展 丸と三角と四角が生む対話 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/65553755

この記事へのトラックバック一覧です: ミラノ 「リナシェンテ100周年 イノベーションの歴史」展:

« ミラノウニカ ⑺ 結果速報 早期開催に有意義な成果 | トップページ | ホスピタルとデザイン展 丸と三角と四角が生む対話 »