« UKカルチャー回顧展「71-84」パンク盛りの時代リアルに | トップページ | インテリアライフスタイル⑴ 特別企画「WANTED!」 »

2017年6月24日 (土)

奥村愛&大萩康司デュオコンサート 美しい調べに癒されて

 「奥村 愛&大萩康司デュオコンサート」が横浜市戸塚区文化センターであることを知り、Okumuraai_ohagiyasuji ダメもとで問い合わせたところ、幸運にも座席がとれて、行ってきました。副題は「ヴァイオリンとギターの織りなす上質な調べ」です。ヴァイオリンは奥村 愛さん、ギターはもちろん大萩康司さんで、お二人が奏でる美しい調べに癒されました。
 ヴァイオリンとギターですので、どうしてもヴァイオリンが勝ってしまいます。でもそこは上手に配分していました。どの曲目も聞きごたえたっぷりです。大萩康司さんのギターソロにはさすがにうっとりしました。やっぱり生で聞くのは違います。ピアソラの「タンゴの歴史」はアンコールでも演奏されましたけれど、もっと聞きたかった!です。締めの「ケルト・スピリット」には、スカボローフェアやグリーンスリーブスなどのイギリス民謡が組み込まれていて、ギターを練習中の私は、まさにハマってしまったといった感じでした。
 トークも楽しく、大萩さんがときどき言いよどんだりして、優しい人柄を感じさせられました。
 久しぶりに心地よい午後のひと時でした。

|

« UKカルチャー回顧展「71-84」パンク盛りの時代リアルに | トップページ | インテリアライフスタイル⑴ 特別企画「WANTED!」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥村愛&大萩康司デュオコンサート 美しい調べに癒されて:

« UKカルチャー回顧展「71-84」パンク盛りの時代リアルに | トップページ | インテリアライフスタイル⑴ 特別企画「WANTED!」 »