« 特別講演 枠組みを問い直す―つくり方をつくるデザイン | トップページ | かおりを飾る~珠玉の香合・香炉展 小さなもの愛でる文化 »

2017年6月18日 (日)

デザインの視点や発想がますます重要

 昨日のブログに掲載した「付加価値ある意匠デザインを実現するものづくり技術2017」では37社がブース出展していました。S_p1050281_3

   わずか1日で新しいデザイン提案に役立つ情報が得られるとあって、来場者は1,000人以上だったようです。私も初めて参加して、盛況ぶりにびっくり! デザインの視点や発想がますます重要とみられていることを実感しました。

2_2  とくに惹きつけられたのが家田紙工の「カミノシゴト」という美濃手漉き和紙の製品です。イヤリングやピアスなどの小さくて可愛いアクセサリーをズラリと展示していました。軽くて水にも強いそうです。 
 
Img_77591  心地よさそうな水うちわは、透過光が美しかった!
 さらに手漉き雁皮紙和紙による綿毛のような繊細でふんわりした羽根や葉、雪の結晶モチーフもあり、グリーティングカードなどに使われています。

 まさに伝統と今が、未来を創る----技術ですね。

|

« 特別講演 枠組みを問い直す―つくり方をつくるデザイン | トップページ | かおりを飾る~珠玉の香合・香炉展 小さなもの愛でる文化 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/65431222

この記事へのトラックバック一覧です: デザインの視点や発想がますます重要:

« 特別講演 枠組みを問い直す―つくり方をつくるデザイン | トップページ | かおりを飾る~珠玉の香合・香炉展 小さなもの愛でる文化 »