« かおりを飾る~珠玉の香合・香炉展 小さなもの愛でる文化 | トップページ | MAISON & OBJET コンラン氏が語る岐阜の商品デザイン »

2017年6月20日 (火)

FB学会特別講演 「ファッションビジネスにAIがもたらすもの

 ファッションビジネス(FB)学会東日本支部の特別講演会が、Img_79401jpg3日東京・杉野学園で開催され、カラフルボード代表/人工知能科学者の渡辺祐樹氏が登壇、 「ファッションビジネスにAIがもたらすもの」をテーマに講演されました。
 ところで私は以前、WEFセミナーで同氏の講演(このブログ2016年8月10日 付けも参照)を伺ったことがあります。でも今回はより掘り下げた内容で、大変興味深く拝聴しました。
 お話はまず2014年にリリースしたファッション人工知能アプリ「SENSY(センシー)」から。これは人間行動の理由を司る感性を解析し、その人の好みに必要なものを届けるAIで、そのヴィジョンはあらゆる人に人生が変わる出会いを演出することといいます。
 次にAIテクノロジーについて。AIとはArtificial Intelligenceの略語で、人間のように考えて行動するプログラムのこと。現在この第3次ブームが来ているといいます。
 AIには2種類あり、一つは汎用AIでロボットのようなもの、もう一つは特化型AIです。SENSYは後者の特化型で、その人が服を購入することになった背景を分析し、その人の感性を理解して、その人が欲しいと感じる商品やサービスを提案します。
 プロダクツとして、BtoC向けのSENSYアプリと、BtoB向けの店舗接客、EC接客の「SENSY CLOSET」、パーソナライズDM等を紹介。一人一台のAI開発を目指すといいます。
 ファッションと冠っていますけれど、客に合わせたメッセージを送れるので、単にファッションを推薦するだけではなく、レストランガイドといった食のサービスなど、様々な分野に活用できるとも。ソフトバンクと連携してペッパーが接客したワインの試飲会では、人の味覚を解析することにより販売が大きく改善したそうです。現在、ヘルスケアやコスメ、旅行、音楽など様々な案件が進行中とも語りました。
 さらに需要予測の判断もできるので、ファッション業界が抱える在庫管理の問題解決に役立ちそうです。
 まさにAIでファッションビジネスが変わる! です。ほんとうにすごいことになってきましたね。

|

« かおりを飾る~珠玉の香合・香炉展 小さなもの愛でる文化 | トップページ | MAISON & OBJET コンラン氏が語る岐阜の商品デザイン »

ファッションビジネス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FB学会特別講演 「ファッションビジネスにAIがもたらすもの:

« かおりを飾る~珠玉の香合・香炉展 小さなもの愛でる文化 | トップページ | MAISON & OBJET コンラン氏が語る岐阜の商品デザイン »