« 2018春夏米沢産地展 カジュアル感のあるコットン混も | トップページ | 2018春夏栃尾テキスタイル展「おりなす とちお」発信 »

2017年6月 9日 (金)

2018春夏ショーワ展示会 キュプラデニムをアピール

 デニムのメッカ、岡山県児島を拠点とする「ショーワSHOWA」が、5月15~17日、東京・南青山で2018春夏もの展示会を開催しました。
Img_77461jpg
 今シーズンは本格派デニムとともに、新しく開発したキュプラデニムをアピールしていました。キュプラのロープ染色に初めて成功したといいます。軽くしなやかで光沢があり、レディス向けに人気を集めそうです。
 コットンファームにも力を入れているとのことで、収穫したコットンを使用した生地も提案されていました。

Img_77411  また同社の概要を伝えるビデオを上映、さらにプルミエ―ルヴィジョン・パリ2月展で発表したパリのサンディカ・クチュール校とのコラボレーション企画も展示していました。
 同社のモノづくりやその背景、世界発信の様子を上手に構成して見せた展示会でした。

|

« 2018春夏米沢産地展 カジュアル感のあるコットン混も | トップページ | 2018春夏栃尾テキスタイル展「おりなす とちお」発信 »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/65381160

この記事へのトラックバック一覧です: 2018春夏ショーワ展示会 キュプラデニムをアピール:

« 2018春夏米沢産地展 カジュアル感のあるコットン混も | トップページ | 2018春夏栃尾テキスタイル展「おりなす とちお」発信 »