« 「自転車とモード展~門外不出のヤガミ・コレクション~」 | トップページ | 「アスリート展」デザインの視点でアスリートを紐解く »

2017年5月17日 (水)

墨の表情が美しい器「墨の瞬」コシノヒロコのおもてなし展

 “NIKKO×コシノヒロコ 「墨の瞬」コシノヒロコのおもてなし”展が、6月25日までKHギャラリー銀座で開催されています。Img_127423_1これは洋食器メーカーのニッコー(NIKKO)が、コシノヒロコ氏のデザインによる新商品「墨の瞬(すみのとき)」シリーズ発売に合わせて開かれている展覧会です。

 一昨日、このオープニングパーティに招かれ、行ってきました。
Img_77141jpg
 コシノ氏は今回、「墨の世界のルーツを表現した」といいます。幽玄な墨絵が壁を飾る一方、陶器になって、テーブルセッティングされました。
Img_77331
Img_77201  右は、芦屋のご自宅にある長さ30メートルもの墨絵の一部だそうです。
 空間に勢いよく乱れ散る、五線譜でも舞っているかのような墨跡が見事です。

Img_77181  そこから絵が切り取られて洋食器にデザインされました。

 洋と和のハーモニーが何とも典雅、美しい!

Img_77301jpg  
 左はコシノ氏、右はニッコー社長の三谷明子氏です。
 お二人のお付き合いは30年前にさかのぼるそうで、そのときの初めてお仕事が今も続く「藍がさね」シリーズとか。これは階上に展示されています。
 お互いによい関係で続けられているのは、奇跡的と話されていました。
 そのような親密なコラボレーションなくしては誕生しなかった新しい和の世界---。ほんとうにすてきですね。

|

« 「自転車とモード展~門外不出のヤガミ・コレクション~」 | トップページ | 「アスリート展」デザインの視点でアスリートを紐解く »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/65296831

この記事へのトラックバック一覧です: 墨の表情が美しい器「墨の瞬」コシノヒロコのおもてなし展:

« 「自転車とモード展~門外不出のヤガミ・コレクション~」 | トップページ | 「アスリート展」デザインの視点でアスリートを紐解く »