« イタリア・アモーレ・ミオ! 前日記者会見に豪華ゲスト出席 | トップページ | 森の水辺でカルガモに出会う »

2017年5月20日 (土)

大エルミタージュ美術館展仮装ナイト 王宮タイムスリップ

 森アーツセンターギャラリーで開催されている「大エルミタージュ美術館展00601_l―オールドマスター西洋絵画の巨匠たち」で、“仮装ナイト”に招待されました。 ドレスコードは舞踏会をイメージした仮装とあり、戸惑いましたけれど、コスプレなどしたことがありません。いつもより少しドレスアップして行きました。

 会場に着くと、入口付近からもう仮装した人たちで華やいでいました。ロココ風のロングドレスに巻き毛のウィグ、ティアラや帽子、仮面----を装い、もうびっくり!
 それにしてもこのようなイベントを催すとは、さすが森アーツセンター、おしゃれです。

 「戴冠式のローブを着たエカテリーナ2世」(1760年代)の肖像画の前では、女王様や王女様、王子様スタイルに扮した人たちがいっぱい。ロマノフ朝の王宮にタイムスリップしたかのようでした。
Img_78521jpg  
Img_78531
Img_78451  仮装を楽しみながら、展覧会を鑑賞しました。
 (写真は特別な許可を得て撮影しています。)

 エルミタージュ美術館はかつての帝政ロシアの首都、サンクトペテルブルグにあり、その始まりはエカテリーナ2世の絵画コレクションからだったとか。310万点を所蔵し、その内絵画だけで17,000点といいます。本展ではルネサンスからバロック、ロココのオールドマスター、つまり巨匠たちの傑作85点が勢揃いしています。

Img_78261  ティッツィアーノの「羽根飾りのある帽子をかぶった若い女性の肖像」(1538年)は、初々しい女性の美しさが光ります。
 モデルはティッツィアーノの恋人だったとか。

 

Img_78281  また有名なフランス・ハルスの「手袋を持つ男の肖像」(1640年頃)も展示されていました。
 白いレースの付いたフォーリングバンドが印象的です。
 本展ではこのようなフランドルの画家たちの名作が充実しているように思いました。

 ルーカス・クラナッハの「林檎の木の下の聖母子」(1530年頃)も神秘的で、色使いが美しく、見入ってしまいました。(撮影は不可でしたけれど、ちらしやポスターに使われていますので、ご覧ください)
 フラゴナールの「盗まれた接吻」(1780年頃)や、シャルダンの「食前の祈り」(1740年)、フランソワ・ブーシェの名画など、図版などでよく見る名画もずらり。

 なお展覧会は6月18日までです。詳細はURL http://hermitage2017.jp/を参照ください。

|

« イタリア・アモーレ・ミオ! 前日記者会見に豪華ゲスト出席 | トップページ | 森の水辺でカルガモに出会う »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/65310786

この記事へのトラックバック一覧です: 大エルミタージュ美術館展仮装ナイト 王宮タイムスリップ:

« イタリア・アモーレ・ミオ! 前日記者会見に豪華ゲスト出席 | トップページ | 森の水辺でカルガモに出会う »