« 「ファッションとアート 麗しき東西交流展」オープニングで | トップページ | ミラノウニカ「ジャパン・オブザーヴァトリー」に40社出展 »

2017年5月 2日 (火)

ようこそ我が迷宮へ IKKO KOBAYASHIの服飾活動50年

 「オートクチュールIKKO KOBAYASHI」のオーダーサロンが1960年代末に登場したことをうっすらと覚えています。その日本のクチュール界の大御所、小林一行氏が、東京・代官山で4月15日、「ようこそ我が迷宮へ」をテーマに、服飾活動50年を記念するファッションショーを開催しました。
Img_70801   
 喜寿を迎えられたとは思えない明瞭なお声で、ご自身の経歴からショーまでの経緯を語られ、その多彩なキャリアに驚かされました。
Img_70771_5  杉野学園ドレスメーカー女学院で男子一期生として学ばれたと伺い、びっくり!です。卒後銀座マギーに入社し、1969年にオーダーサロンを開設しましたが、時代は変わり20年後の1990年にクローズ。その後私もよく知るアパレルの「ロザース」で新ブランドの立ち上げに尽力し、つい3年前まで杉野服飾大学で後進の指導にあたられていたといいます。

 ショーには杉野学園の関係者が多数いらっしゃっていました。

 登場した作品は、一つひとつが選び抜かれた美しい服ばかりでした。
 良い服は、永遠に古びないことを証明しているように思われました。
Img_70521_2 Img_70681_3














 日本のファッション界をリードしたデザイナーの凛とした姿を拝見して、私もエネルギーをいただきました。感謝です。

|

« 「ファッションとアート 麗しき東西交流展」オープニングで | トップページ | ミラノウニカ「ジャパン・オブザーヴァトリー」に40社出展 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/65222004

この記事へのトラックバック一覧です: ようこそ我が迷宮へ IKKO KOBAYASHIの服飾活動50年:

« 「ファッションとアート 麗しき東西交流展」オープニングで | トップページ | ミラノウニカ「ジャパン・オブザーヴァトリー」に40社出展 »