« 川口 拓 個展 絵ハガキに込められたシンプルなデザイン | トップページ | 津村耕佑展「RECOMBINATION」テーマにパズルウエアー »

2017年5月13日 (土)

銀座の新商業施設「GINZA SIX」“風水”思想息づく

 銀座の旧松坂屋跡地に新複合商業施設「GINZA SIX(ギンザ シックス)」が、4月20日にオープンしました。私もこれまでに数回行っています。来場者はついに150万人を突破したと報道され、そのすごい人気ぶりに驚かされます。

 先日、この商業空間パブリックスペースエリアのインテリアデザインをImg_75521jpg担当したキュリオシティ/グエナエル・ニコラ氏のトークを伺う機会がありました。とくに興味深かったのは“風水”思想を採り入れているとのお話しでした。
  そこで再度このビルを訪れました。

 ファサードは建築家の谷口吉生氏による「ひさし」と「のれん」がイメージされています。

 ここを入ると、正面玄関には行燈のような柱が立ち、Img_75281jpg4層吹き抜けのアトリウムが広がります。ニコラ氏が47,000㎡もの広さをよりヒューマンなスケール、つまり人間的な空間にしようと、自然を生かした日本建築を参考に設計したということがわかって納得です。それは光が風のように全体に回るデザインなのですね。Img_71911
 またここはパリの地元で人気の百貨店「ボン・マルシェ」のつくりも思わせます。実際、ニコラ氏はこのデパートを意識されたそうです。

Img_75301_2  まずは草間彌生の水玉かぼちゃアートが目に飛び込んできます。天井を見上げると、小紋柄の意匠になっていて、上質な和紙が使われているといいます。この和紙は要所、要所に使用されていて、洗練された優雅さを増幅しているようです。

 エスカレーターの斜めのラインも印象的です。
Img_75321  竹の節を思わせる斜めの線は、エレベーターなどあちらこちらに見られます。
 左から入る左回りのレイアウトになっているのも風水のアイディアからといいます。

Img_75311  さらに通路が適度な雁行型になっているというのもポイントです。241もの店舗がそれぞれ皆少しずつ異なっていて、ニコル氏がおっしゃるように銀座の路地をそぞろ歩きしている雰囲気を楽しめるレイアウトになっているのです。

Img_75461jpg  チームラボによる滝のアートもあります。刻々と様子を変える流れる水の映像に癒されます。

 屋上は広々としたガーデンテラスで、江戸の庭園と西洋の広場の融合をコンセプトにしているとか。
Img_75331
Img_75501  最後に地下3階にある能舞台。一度中に入ってみたいものです。

 “風水”思想が息づく「GINZA SIX」、千客万来を期待しています。

|

« 川口 拓 個展 絵ハガキに込められたシンプルなデザイン | トップページ | 津村耕佑展「RECOMBINATION」テーマにパズルウエアー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/65281932

この記事へのトラックバック一覧です: 銀座の新商業施設「GINZA SIX」“風水”思想息づく:

« 川口 拓 個展 絵ハガキに込められたシンプルなデザイン | トップページ | 津村耕佑展「RECOMBINATION」テーマにパズルウエアー »