« 17/18AW AFWT「服づくり4.0」ジュンハシモトの成果発表 | トップページ | AW17/18「モトヒロ タンジ」水面に映る自然をニットで表現 »

2017年4月 1日 (土)

AW17/18「ハレ」日本人の伝統的世界観“ハレ”をテーマに

 アダストリアのブランドの一つ、「ハレ (HARE)」が、東京・品川のWAREHOUSE Konanで初のランウェイショーを行い、2017/18年秋冬コレクションを発表しました。

Img_62291  テーマは日本人の伝統的世界観“ハレ”です。パンフレットによれば、“ハレ”は日常の折り目、節目を表す概念で、“ケ”と対比されます。日常における非日常で、自らを華やかに晴れやかにするものです。
 今回はこの晴れ着を現代の街着に落とし込み、日本人のルーツである和の空気感、たとえば和服のゆったりしたボリューム感や、落ち気味の肩、「帯」のイメージなどを採り入れたワードローブを展開しています。市松模様やカリグラフィーに姿を変えた漢字のモチーフも印象的です。
Img_62311Img_62401jpg
 
Img_62481
 洗練された大人の非日常を美しく表現した、すばらしいコレクションでした。
 なおこの模様は自社のWEBサイトで生中継され、コレクションの一部はネット販売されて、好評だったといいます。こうした動き、「シーナウ・バイナウ(今見て、今買う)」への挑戦がいよいよ始まりました。今後ますます広がりそうです。

|

« 17/18AW AFWT「服づくり4.0」ジュンハシモトの成果発表 | トップページ | AW17/18「モトヒロ タンジ」水面に映る自然をニットで表現 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/65081037

この記事へのトラックバック一覧です: AW17/18「ハレ」日本人の伝統的世界観“ハレ”をテーマに:

« 17/18AW AFWT「服づくり4.0」ジュンハシモトの成果発表 | トップページ | AW17/18「モトヒロ タンジ」水面に映る自然をニットで表現 »