« AW17/18モト ゴー「いちご畑よ永遠に」少年時代テーマに | トップページ | 17/18AWハナエモリ マニュスクリ「コンバイン」テーマに »

2017年4月10日 (月)

AW17/18トクコ・プルミエヴォル 花いっぱいのおとぎの国

「トクコ・プルミエヴォル(TOKUKO 1er Vol) 」の2017-18年秋冬コレクションが、AFWT渋谷ヒカリエで発表されました。
 ショーはポーランドの伝統的な民族衣装にヒントをとったドレスからスタートしました。Img_65851

Img_65891jpg  カラフルな色彩あふれるドレスが並び、もうまるで花いっぱいのおとぎの国にやって来たかのよう。
  旅するクチュリエと呼ばれる、ブランドを手がける前田徳子デザイナーは、今シーズン、ポーランドとチェコに旅したといいます。とくに一番訪ねてみたかったというポーランドの小さな村々での体験が、大きなインスピレーションソースになったとか。
 例えばポーランドの小さな村、ザリピエ(ZALIPIE)の、ザリピエ模様と呼ばれる花柄でカラフルにペイントされた村の家々、またウォヴィチ(?OWICZ)という村の切り絵模様など、そのメルヘンティックな空気感をコレクションに盛り込んだといいます。
Img_65951jpg Img_66061  

 フィナーレのピンクや赤一色のドレスも圧巻でした。
Img_66201jpg
 美しい華麗ない衣装を堪能したコレクションでした。

|

« AW17/18モト ゴー「いちご畑よ永遠に」少年時代テーマに | トップページ | 17/18AWハナエモリ マニュスクリ「コンバイン」テーマに »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/65126829

この記事へのトラックバック一覧です: AW17/18トクコ・プルミエヴォル 花いっぱいのおとぎの国:

« AW17/18モト ゴー「いちご畑よ永遠に」少年時代テーマに | トップページ | 17/18AWハナエモリ マニュスクリ「コンバイン」テーマに »