« 2017/18秋冬アンビアンス展 懐かしさにエッジを効かせて | トップページ | 「ファッションワールド東京 春」 ⑵ 紙オムツの進化版 »

2017年4月21日 (金)

17/18秋冬ディウカ 独創的カットが生み出すドレープの美

 「ディウカ(divka)」が、先月のアマゾンファッションウィーク東京コレクションの期間中、渋谷ヒカリエで、2017/18秋冬コレクション展示会を開催していました。
Img_66951  ブランドを手がけるのは、デザイナーの田中 崇順さんとパタンナーの松本 志行さんです。
 お二人が創り出すシルエットは、流れるようなドレープが何とも美しい! 他にない独創的な個性あふれるカットで、私はいつも魅せられています。洗練されていてエレガント、しかもどこも締め付けない、リラックスした着心地です。これは着てみないとわかりません。
 オリジナルな天然・合繊複合素材も光っています。
 カラーは今季、白黒やグレー中心の展開で、シック。
Img_66961_2

 最近とみに存在感を強めている「モード」なブランドです。今後のさらなる展開を期待しています。

|

« 2017/18秋冬アンビアンス展 懐かしさにエッジを効かせて | トップページ | 「ファッションワールド東京 春」 ⑵ 紙オムツの進化版 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/65190659

この記事へのトラックバック一覧です: 17/18秋冬ディウカ 独創的カットが生み出すドレープの美:

« 2017/18秋冬アンビアンス展 懐かしさにエッジを効かせて | トップページ | 「ファッションワールド東京 春」 ⑵ 紙オムツの進化版 »