« 「これぞ暁斎!世界が認めたその画力」展  | トップページ | AW17/18 ファイブノット 「旅とヴィンテージ」テーマに »

2017年3月25日 (土)

まぜこぜアート展 なりたい自分になるファッションショー

 女優でタレントの東ちづるさんが理事長を務める「Get in touch」が主催する「まぜこぜアート(MAZEKOZE ART)」展が、4月5日まで東京・青山の伊藤忠アートスクエアで開催されています。“まぜこぜ”とは“多様性”の意味です。ここでは障がいのある人もない人も、誰もがそれぞれの個性を生かして、豊かな人生を創造できる共生社会の実現を目的に、様々な創作活動や表現活動が行われています。
 先週の日曜日、この一環として「まぜこぜファッションショー」が、アマゾンファッションウィーク東京(AFWT)に先駆けて開かれました。キ―ワードは「なりたい自分になる」で、色とりどりのマイノリティがモデルとなってランウェイを歩きました。
Img_60401jpg  
Img_60421_2  フランス人形になって登場したのは身長115cmのイラストレーター・デザイナー、後藤仁美さん(このブログ2015.6.30参照)です。本当に可愛らしい!
 本人は「一度こんな格好をしてみたかったので、とってもうれしい」と話していました。

 リオのパラリンピックで女子走り幅跳びに初出場して入賞した義足の陸上選手、大西瞳さんも出演、また自閉症ミュージシャンのGOMESSさん、ダウン症の高校生、伊藤美憂さん、ダウン症アーティストの田久保 妙さん、ダウン症の福祉型大学生の内海隼吾さん、さらにドラァグクイーンの松坂牛子さんも妖艶な美しさを振りまいていました。

 とくに目を見張ったのが、車いすダンサーのかんばらけんたさんのパフォーマンスです。 車いすの上に飛び上がったり、下りたり、車いすを解体したり----。それにしてもあれほど素早く動けるとは、びっくりしました。
Img_60281
 全盲のシンガーソングライター、佐藤ひらりさんの澄んだ美しい歌声にも魅了されました。
Img_60861
 車いすのコラムニスト、伊是名夏子さんの温かな笑顔も忘れられません。写真はご家族と一緒に登場した伊是名さんです。
Img_60831 
 このようなマイノリティを支援する活動に取り組む東ちづるさんと「Get in touch」に頭が下がりました。ほんとうにすばらしい!です。感銘しました。
Img_60621

|

« 「これぞ暁斎!世界が認めたその画力」展  | トップページ | AW17/18 ファイブノット 「旅とヴィンテージ」テーマに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/65068312

この記事へのトラックバック一覧です: まぜこぜアート展 なりたい自分になるファッションショー:

« 「これぞ暁斎!世界が認めたその画力」展  | トップページ | AW17/18 ファイブノット 「旅とヴィンテージ」テーマに »