« プラグイン3月展 秋色のカジュアルなレディスウェア | トップページ | まぜこぜアート展 なりたい自分になるファッションショー »

2017年3月24日 (金)

「これぞ暁斎!世界が認めたその画力」展 

 「これぞ暁斎!世界が認めたその画力」展が4月16日まで、東京・渋谷 Bunkamuraザ・ミュージアムで開催されています。
Img_67121  昨日、この内覧会があり、参加しました。
 暁斎は、幕末から明治期の天才絵師、河鍋暁斎(かわなべ きょうさい 1831-1889)です。動物や妖怪のユーモラスな姿を描く浮世絵師と思っていましたが、仏画など幅広い画題で、しかも様々な画法を用いて描いていたことがわかりました。

 展示されているのは180点で、すべてイスラエル・ゴールドマン氏所蔵の作品だそうです。ロンドンの画商だった同氏は、浮世絵に相当思い入れが深かったようです。

 最初に登場するのが、蛙をモチーフにした愉快な作品です。(なお写真は、特別な許可を得て撮影しています。)
Img_67171
 小品ですがこの蛙の絵を、ゴールドマン氏は転売することなく、手元に大切に保管されていたといいます。

Img_67221jpg  次に鴉の絵です。闇夜の鴉など印象的な名作が集まっています。
 鴉を題材にした作品は、第2回内国勧業博覧会で日本画の最高賞を受賞したこともあり、暁斎がとくに好んだものだったといいます。何しろ数百枚もの鴉の絵が残されているそうです。

 動物の絵はたくさんあって、イソップ物語の挿絵もあり、見ていて楽しいです。

Img_67411  明治時代になり、西洋人や中国人のいる風俗画も見られます。当時の服飾の貴重な資料ですね。

 ラクダが描かれていたりするのも不思議です。

 ちらしやポスターに使われている「一休と地獄大夫」です。
Img_67461  
 右側の絵には、三味線を弾いている骸骨が描かれていて、ぎょっとしました。この故人は三味線好きだったのですね。あの世でもこうして三味線を弾いています。
 禅僧の一休にとって、生きている者も死んだ者も違いはないということを表現しているといいます。Img_67471

 その隣に置かれていたのが、シルクハットにスーツを着用した骸骨です。(写真左)
 やはり三味線を弾いている姿で描かれていて、これも大変面白い作品と思いました。

 大作のニ双の屏風絵「百鬼夜行」です。
Img_67491jpg
 鬼たちが行進している様子を描いたもので、一匹一匹が個性的です。思っていたほど怖くなかったです。

 この他にも見どころはたくさんあって、飽きさせません。私もたっぷり楽しませていただきました。
  公式HP http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/17_kyosai/

 

|

« プラグイン3月展 秋色のカジュアルなレディスウェア | トップページ | まぜこぜアート展 なりたい自分になるファッションショー »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/65065785

この記事へのトラックバック一覧です: 「これぞ暁斎!世界が認めたその画力」展 :

« プラグイン3月展 秋色のカジュアルなレディスウェア | トップページ | まぜこぜアート展 なりたい自分になるファッションショー »