« AW17/18 ミュージアムバイエイチフラクタル 3ブランド発表 | トップページ | 17/18AW AFWT「服づくり4.0」ジュンハシモトの成果発表 »

2017年3月30日 (木)

AW17/18 ティート トウキョウ 少女時代へのノスタルジア

 合同展などで注目の新進気鋭のブランド、「ティート トウキョウ(tiit tokyo)」が、AFWT渋谷ヒカリエで、2017/18年秋冬コレクションを発表しました。
Img_62021  ブランドを手がけるのは岩田翔と滝澤裕史の二人のデザイナーで、テーマは「ハーズ(hers)」です。インターネットがなかった頃に思いを馳せ、夢多き少女時代へのノスタルジアを感じさせるワードローブを揃えました。

 素材にもこだわりが感じられます。様々な形状の糸から織られたツィードや裂き織地、またジャカードかと思えばプリント、その逆のジャカードといったトロンプロイユのものなど、その約7~8割はオリジナルといいます。

Img_62051 Img_62061  
Img_62091
 招待状にも使われていたリボンをあしらったデザインも多く見られました。リボンは顧客とデザイナーをつなぐシンボルでもあるようです。ちょっとしたことですが、デザインにはそんなデザイナーの思いが込められいるのです。

|

« AW17/18 ミュージアムバイエイチフラクタル 3ブランド発表 | トップページ | 17/18AW AFWT「服づくり4.0」ジュンハシモトの成果発表 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/65080672

この記事へのトラックバック一覧です: AW17/18 ティート トウキョウ 少女時代へのノスタルジア:

« AW17/18 ミュージアムバイエイチフラクタル 3ブランド発表 | トップページ | 17/18AW AFWT「服づくり4.0」ジュンハシモトの成果発表 »