« 春一番のパリ百貨店 ⑵ プランタンメンズ館リニューアル | トップページ | 2018春夏テックスワールド ⑴  CCI出展は今回が最後 »

2017年2月15日 (水)

春一番のパリ百貨店 ⑶ 塩田千春の白いインスタレーション

 パリ左岸のボンマルシェ百貨店では、日本を代表するアーティストの一人、ベルリン在住の塩田千春さんによるインスタレーションアートが、店内中央いっぱいに展示されていました。
Img_54591jpg_3  
Img_54701_2  それは白い一本の毛糸から生み出される “あやとり”を 無数に組み合わせたような巨大なオブジェです。
 ふんわりとした雲のよう、あるいは細胞の塊のように見えなくもありません。

 タイトルは「Where are we going ? (私たちはどこへ向かうのか)」。
 塩田さんは人生を糸に例え、人生と旅を重ねて、「人生とは目的のない旅のようなもの」という格言を表現したといいます。
Img_54571
 フランスで1月は「白の月(Le mois du blanc)」と呼ばれ、バーゲンの時期ですが、新しい年の始まりに白いものを買いそろえる習慣があります。ピュアな白い糸によるインスタレーションは、百貨店のスタートを飾るのにふさわしいアートとなったようです。

|

« 春一番のパリ百貨店 ⑵ プランタンメンズ館リニューアル | トップページ | 2018春夏テックスワールド ⑴  CCI出展は今回が最後 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/64896942

この記事へのトラックバック一覧です: 春一番のパリ百貨店 ⑶ 塩田千春の白いインスタレーション:

« 春一番のパリ百貨店 ⑵ プランタンメンズ館リニューアル | トップページ | 2018春夏テックスワールド ⑴  CCI出展は今回が最後 »