« 2018春夏PVパリ ⑶ “ トランスペアレント・ボックス” | トップページ | 2018春夏PVパリ ⑸ 結果速報 来場者数は同期比微増 »

2017年2月21日 (火)

2018春夏PVパリ⑷ フォーカス・スタイルにレザーも

 プルミエール・ヴィジョン(PV)ファブリックのフォーラムの一つ、“フォーカス・スタイル”は、デザインやスタイルに焦点を当てた素材が展示されているエリアです。今シーズンから新しくPVレザーが加わり、レザーもスタイリングされるようになりました。
 PVパリの6つの見本市が連動することで ファッション全般のトレンドがより把握しやすくなったと思います。

B2_48041
 
これによると、2018春夏はたっぷりとしたボリュームのあるシルエットに焦点が当てられ、ファブリックのしなやかさ、もしくはパリパリした風合いを表現するシーズンになりそうです。
 素材によるマスキュリンとフェミニンの境界線は弱まり、なめらかさと心地よさを中心に、サルトリア(イタリア語で仕立て屋の意味)スピリットが、メンズとレディスの二つのマーケットで強まり、柄やカラーも制約なしに自由に展開されるとみられています。

 もう一つ、忘れてはいけないのが80年代の影響で、ところどころに感じられるようになってくるといいます。
 

 提案された数多くのシルエットの中から、下記の3つを選んでご紹介します。

. 身体と服の間に空気をはらんで、たっぷりとボリュームのあるシルエット
. サルトリア・スタイルの新解釈で、メンズ/ウィメンズの境界線のないシルエット

. 80年代の雰囲気のある女らしいシルエット

 1.        2.        3. 
Img_50281 Img_50451 Img_50871jpg    

|

« 2018春夏PVパリ ⑶ “ トランスペアレント・ボックス” | トップページ | 2018春夏PVパリ ⑸ 結果速報 来場者数は同期比微増 »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/64916953

この記事へのトラックバック一覧です: 2018春夏PVパリ⑷ フォーカス・スタイルにレザーも:

« 2018春夏PVパリ ⑶ “ トランスペアレント・ボックス” | トップページ | 2018春夏PVパリ ⑸ 結果速報 来場者数は同期比微増 »