« 2018春夏PVパリ⑺ 新設ウエアラブル・ラブでショー | トップページ | 2018春夏PVパリ ⑼  「カモンComON」スポーツ »

2017年2月25日 (土)

2018春夏PVパリ⑻ ショーワ×オートクチュール名門校

 今シーズンも「ショーワ」が、プルミエール・ヴィジョン(PV)ファブリックに出展し、有名デザイナーやパタンナーを多く輩出している名門校「シャンブル・サンディカル・ド・ラ・クチュール・パリジェンヌ(通称サンディカ)」の学生作品を展示して話題を集めました。
Img_47161jpg
 同社は岡山県倉敷市のデニムの町、児島でデニムカジュアル生地を生産している日本有数のテキスタイルメーカーです。前回もファッションを学ぶ学生の作品展を行い、注目されました(このブログ2016.9.24付け参照)。このときはPVパリの主導で行われましたが、今回は純粋に同社がサンディカと連携し、審査にも参加して選んだ優秀作品だそうです。

 とくに上の写真で中央の作品は、最優秀賞を受賞したもので、デニムで人気の赤耳、“セルビッチ”を活かしたレイヤードです。赤い細い縦線がスッキリとした感覚を強調しています。

 ブースでは新シリーズのキュプラをアピールして、バイヤーを集めていました。
Img_52371  トレンドのフォーラムでは、ソフトにウオッシュ加工された大きな市松格子のコットン・ダンガリーが目に付くなど、同社素材は随所でピックされて好評を博している様子でした。

|

« 2018春夏PVパリ⑺ 新設ウエアラブル・ラブでショー | トップページ | 2018春夏PVパリ ⑼  「カモンComON」スポーツ »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/64929122

この記事へのトラックバック一覧です: 2018春夏PVパリ⑻ ショーワ×オートクチュール名門校:

« 2018春夏PVパリ⑺ 新設ウエアラブル・ラブでショー | トップページ | 2018春夏PVパリ ⑼  「カモンComON」スポーツ »