« 「デザインの解剖展:身近なものから世界を見る方法」 | トップページ | 山本耀司展「画と機」若手アーティスト朝倉優佳とコラボ »

2017年1月14日 (土)

西印度諸島海島綿協会 賀詞交歓会 明るい雰囲気

 今週はファッション関係の新年会が多かったのですが、その一つが昨日行われた西印度諸島海島綿協会の賀詞交歓会です。
 アパレル不振といわれる中、世界最高級綿のシーアイランドコットン製品は好評で、順調に売り上げを伸ばしているようです。会員企業も昨年より5社増えて50社になったそう。
 ジャマイカのアリコック大使を迎えて、明るい雰囲気でした。

Img_32861  田中大三理事長は「昨年は売れ方にブレが出て商いの道にズレができた。今年はそれを戻す年」と挨拶。
 八木原 保副理事長が「今年は激動の年になりそう。だからこそ大きなチャンスがある」と語り、若者カルチャーに言及されたことも印象的でした。

 「申酉騒ぐ」といわれる2017年。トランプラリーもあって昨年以上の大騒ぎが予想されています。思いがけないヒット商品は、副理事長のご発言のように、今年も若者たちから生まれてきそうです。
 ちょっと引いて、視点を変えてみることも大事かな、と思ったことでした。

|

« 「デザインの解剖展:身近なものから世界を見る方法」 | トップページ | 山本耀司展「画と機」若手アーティスト朝倉優佳とコラボ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/64764978

この記事へのトラックバック一覧です: 西印度諸島海島綿協会 賀詞交歓会 明るい雰囲気:

« 「デザインの解剖展:身近なものから世界を見る方法」 | トップページ | 山本耀司展「画と機」若手アーティスト朝倉優佳とコラボ »