« ポニークリーニング松戸工場見学会に参加して | トップページ | メゾン・エ・オブジェ成功談 水で磨く歯ブラシ「ミソカ」 »

2017年1月18日 (水)

メゾン・エ・オブジェ1月展は「サイレンス」をテーマに 

 インテリアと雑貨の総合見本市「メゾン・エ・オブジェ(MAISON ET OBJECT) 1月展」が、今月20~24日に開かれます。
 昨年の12月半ば、見本市を主催するSAFI幹部が来日し、バイヤーや出展者を対象に、プレビューとなるセミナー「MAISON & OBJET DAY in TOKYO」が、東京・渋谷で初めて行われました。

 二部構成で、第一部では、SAFIディレクター、フレデリック・ブジァール氏が「メゾン・エ・オブジェ1月展」の概要を紹介しました。 
 本展はパリ・ノール見本市会場で開催される、総面積130,000㎡の大規模な見本市です。出展企業は3,200社、来場者は約80,000人が見込まれるそうです。とくに今回導入したデジタル・プラットフォーム「MAISON & OBJET and MORE (略してMOM)」について説明があり、出展者と来場者へのサービス強化をアピールしていました。

1  1月展のインスピレーションテーマも発表されました。
 今シーズンは「サイレンス(静寂)」です。つまり静かな騒音の無い、無言の状態です。(右はそのヴィジュアルです。)
 情報が極度に氾濫する現代だからこそ、落ち着きを取り戻し、純粋さやシンプルさにスポットを当ててみよう、ということのようです。キーワードとして「本質の追求」、「抽象性」、「透明感」、「線状の構造」、「白/黒」などが提案されていました。

 最近、「マインドフルネス」を体験する人が増えています。これも内面の安らぎを回復しようという心の現れでしょう。日本の「禅」の精神や「侘び寂び」に通じる流れで、今後のファッショントレンドにも影響を与えそうです。

|

« ポニークリーニング松戸工場見学会に参加して | トップページ | メゾン・エ・オブジェ成功談 水で磨く歯ブラシ「ミソカ」 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/64783144

この記事へのトラックバック一覧です: メゾン・エ・オブジェ1月展は「サイレンス」をテーマに :

« ポニークリーニング松戸工場見学会に参加して | トップページ | メゾン・エ・オブジェ成功談 水で磨く歯ブラシ「ミソカ」 »