« 17/18秋冬JFWテキスタイルフェア⑹ タオル生地の名品 | トップページ | デザイナー山縣良和の初絵画展 人への優しい眼差し »

2016年12月21日 (水)

「モン・イヴ・サンローラン」展 時空を超えたヴィンテージ

 イヴ・サンローランのアーカイブを集めた「モン・イヴ・サンローラン」展が今、東京・銀座のポーラミュージアムアネックスで開催されています。
Img_31221
 時空を超えたヴィンテージの格調高い美しさに、私もしばし浸ってきました。

 展示されているのは、ユナイテッドアローズ(UA)名誉会長の重松理氏が、2014年4月に創設した日本服飾文化振興財団が所有するイヴ・サンローランのコレクションです。このコレクションは同財団評議員でモデル、女優の小林麻美さんにより寄贈されたものだそう。
 小林さんは、18歳のとき初めて絵画館前のイヴ・サンローラン・リヴゴーシュでシャツを購入して以来の大ファンで、その180点を贈られたといいます。すてきなお話ですね。

Img_31281 イヴ・サンローランを象徴するボウタイブラウスからサファリジャケット、タキシードルックなどの実物と、壁には写真がズラリ。
 写真は、背景が黄色のものは全身がイヴ・サンローラン、赤のものは現UAブランドとのミックスコーデイネイトだそう。さすがに今見ても新鮮です。

Img_31301jpg  また小林麻美さんがイヴ・サンローランを着用した写真(雑誌「ku:nel」の2016.9月号に掲載)も展示されています。

 これは永遠のエレガンスという、ファッションの本質に触れることのできる展覧会です。若い人たちにはぜひ見てもらいたい、と思いました。
 開催は25日までです。

|

« 17/18秋冬JFWテキスタイルフェア⑹ タオル生地の名品 | トップページ | デザイナー山縣良和の初絵画展 人への優しい眼差し »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/64657743

この記事へのトラックバック一覧です: 「モン・イヴ・サンローラン」展 時空を超えたヴィンテージ:

« 17/18秋冬JFWテキスタイルフェア⑹ タオル生地の名品 | トップページ | デザイナー山縣良和の初絵画展 人への優しい眼差し »