« 「モン・イヴ・サンローラン」展 時空を超えたヴィンテージ | トップページ | ジャパン・ベストニット ・セレクション2016 ⑴ カットソー »

2016年12月22日 (木)

デザイナー山縣良和の初絵画展 人への優しい眼差し

24882502eec3448e82c375878e372f81_2  デザイナーの山縣良和さんが、初めての絵画展を25日まで、東京・表参道ROCKETで開催しています。

 「リトゥンアフターワーズ(WRITTENAFTERWARDS)」を手がける一方、「ここのがっこう」を主宰するなど、ファッションデザインの枠を超えた幅広い活動をされている山縣さん。ファッションを教育や文化、環境など社会のコミュニケーションツールと捉え、コレクションも社会に問題提起を促すような物語性に満ちたクリエイティブな作品を発表して、絶賛されています。
Img_31461jpg
Img_31531  今回初の絵画展では、学生時代から現在までに描いたイラストレーションやデザイン画、テキスタイルデザインの原画などを展示。陰影に満ちた繊細な筆致のものから、なぐり描きのような画風のものまで拝見し、改めて作者の人への優しい眼差しや思いを感じました。

 山縣さんはファッションデザイナーというよりアーティスト、という印象を強くした展覧会でした。

|

« 「モン・イヴ・サンローラン」展 時空を超えたヴィンテージ | トップページ | ジャパン・ベストニット ・セレクション2016 ⑴ カットソー »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/64662525

この記事へのトラックバック一覧です: デザイナー山縣良和の初絵画展 人への優しい眼差し:

« 「モン・イヴ・サンローラン」展 時空を超えたヴィンテージ | トップページ | ジャパン・ベストニット ・セレクション2016 ⑴ カットソー »