« アクセサリーミュージアム 「すみ絵と金継ぎがあそぶ」展 | トップページ | 2017春夏「ボッコ Bodco」リラクシングウェア新作は絞染め  »

2016年12月 6日 (火)

IFFT/インテリア ライフスタイル リビング エコな生活雑貨

 IFFT/インテリア ライフスタイル リビングが11月7~9日、東京ビッグサイトで開催されました。本展については、このブログ2016.5.5付けで予告記事を掲載しています。

 会場は中央にスマイルズのディレクションによる特別企画「THE HOTEL~ほてるホテル~」がImg_24141 展示され、家具や雑貨がハート型に集積。香川県豊島に開業したという民泊の檸檬ホテルを象徴する自転車も置かれていました。
 またこうした見本市には珍しい8の字型の通路も、自由で温かい雰囲気があって回遊しやすいつくりと思いました。

 繊維関連は、全体に少なかったのですが、環境に配慮したエコな生活雑貨が増えている印象です。
 その一つが「クラキン(KURAKIN)」(艶金化学繊維)で、「のこり染め」の製品を発表していました。
Img_24441jpg
 これは食品の残りで、捨てられてしまう部分から抽出した染料で染めたものです。取り出した色はワインやあずき、柿など11種類で、オリジナル服地やタオル、帆布にし、バッグやポーチ、スリッパ、キッチングッズなどを展示。愛知学院大生によるポンチョがアイキャッチャーになっていました。
 どこか懐かしい、優しい味わいが、来場者の目を惹き、立ち止まる人が多く見受けられました。

 もう一つは、「東京手仕事」プロジェクトです。東京の伝統工芸品を集めたコーナーで、代々受け継がれてきた江戸職人の匠の技に焦点が当てられています。江戸切子や木目込み細工、組み紐、日傘など、様々あり見ていて楽しい。
Img_24261
Img_24231  とくにテキスタイルで、東京のはずれ青梅にある「壺草苑」に注目しました。
 ここは天然藍の藍染工房です。パリの「メゾン・エ・オブジェ」に出展し、ストールなどを出品していたことが思い出されました。
 「The Wonder 500」に認定され、世界進出へ向けて積極的に活動されている様子です。一度工房を訪ねてみたいと思ったことでした。

|

« アクセサリーミュージアム 「すみ絵と金継ぎがあそぶ」展 | トップページ | 2017春夏「ボッコ Bodco」リラクシングウェア新作は絞染め  »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/64589325

この記事へのトラックバック一覧です: IFFT/インテリア ライフスタイル リビング エコな生活雑貨:

« アクセサリーミュージアム 「すみ絵と金継ぎがあそぶ」展 | トップページ | 2017春夏「ボッコ Bodco」リラクシングウェア新作は絞染め  »