« 2017春夏「ボッコ Bodco」リラクシングウェア新作は絞染め  | トップページ | 17/18秋冬京都スコープ 装飾感と表情豊かなクオリティ »

2016年12月 8日 (木)

2017/18秋冬T・N JAPAN東京展「麻で冬を織る」テーマに

 先月17~18日、2017/18秋冬のテキスタイルを発表するT・N JAPAN(テキスタイルネットワーク ジャパン)東京展が、渋谷の文化ファッションインキュベーションで開催されました。出展したのは、全国の産地から集まった14の企業・団体です。
 テーマは「麻で冬を織る」で、麻を使用して開発した新しい触感の冬物が目を惹いていました。来場者の入りはよく、前回の1割増しとのことで、活気のある商談風景でした。

古橋織布
Img_25631_5  人気は、綿100%オックスフォードで、不規則な縦目のシワ加工を施した上で、起毛仕上げしたしっかりした風合いのもの。
 起毛はカシミアタッチの仕上げで気持ちのいい風合いです。
 裏表、両面使える利点もあります。

福田織物
 定番の畝ストライプとは異なる幾何学的なデザインのコーデュロイ、「BECCO(ベコ)」が好評だそう。(左下)
 また凹凸感のある繊細な多重織(右下)も人気とのこと。
Img_25841_5 Img_25871jpg_4


○播州の機屋(播州織工業組合)

Img_25661_4    意匠糸や織組織により表面変化を加えたオリジナル先染め生地が楽しい!
・遠孫織布
 アレンジワインダー使いで開発した多色のパッチワーク(右)。
 綿/ナイロンのラメ入りカットジャカード(左下)。
 表リネンで裏は綿になるように織られたキルティング風ジャカード。中綿はポリエステル生地をサンドイッチ(右下)。
Img_25711_3 Img_25801_3


○匠の夢

Img_25961_3 いつもデザイン性の高い織物に注目しています。
 アパレル同様、インテリアにも向くジャカード織物(右)が出ていました。
 また今シーズンの新作として、綿/レーヨンの解し織コレクション(下)も。かすり織のような雰囲気です。

Img_25931_4 Img_25941_4

 

|

« 2017春夏「ボッコ Bodco」リラクシングウェア新作は絞染め  | トップページ | 17/18秋冬京都スコープ 装飾感と表情豊かなクオリティ »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/64607650

この記事へのトラックバック一覧です: 2017/18秋冬T・N JAPAN東京展「麻で冬を織る」テーマに:

« 2017春夏「ボッコ Bodco」リラクシングウェア新作は絞染め  | トップページ | 17/18秋冬京都スコープ 装飾感と表情豊かなクオリティ »