« 2017/18秋冬JFWテキスタイルフェア ⑸ 古着風デニム | トップページ | 「モン・イヴ・サンローラン」展 時空を超えたヴィンテージ »

2016年12月20日 (火)

17/18秋冬JFWテキスタイルフェア⑹ タオル生地の名品

(昨日のブログの続きです。)

 世界一の品質を誇る日本のタオル。これを証明する企業の一つが渡辺パイル織物です。今回もJFWテキスタイルフェアPTJに出展し、タオル織機で織られたパイル生地、服地・インテリア向けにワッフル、平地、ガーゼなど反物を出品。高級タオルのような服も展示し、来場者の注目を集めていました。
Img_26871jpg
 ふくらみのあるソフトな素材は、いずれも選ばれたものばかりです。Img_26891 オーガニックコットンやリネン、カシミア、ヤクといった高級獣毛などの自然素材を、環境や人、素材にとって最も優しい加工法でつくっているといいます。
 シャーリングの包み込まれるような風合いは、ベルベットに勝る、まさにタオル生地の名品でしょう。

1  シャネルのクルーズラインで、現在販売されているエスパドリーユ(左)には、同社のラメ入りパイル生地が用いられているとのことです。

 有力ラグジュアリーブランドに日本のテキスタイルが使われていることを目の当たりにして、またしてもうれしい気持ちになりました。

|

« 2017/18秋冬JFWテキスタイルフェア ⑸ 古着風デニム | トップページ | 「モン・イヴ・サンローラン」展 時空を超えたヴィンテージ »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/64649336

この記事へのトラックバック一覧です: 17/18秋冬JFWテキスタイルフェア⑹ タオル生地の名品:

« 2017/18秋冬JFWテキスタイルフェア ⑸ 古着風デニム | トップページ | 「モン・イヴ・サンローラン」展 時空を超えたヴィンテージ »