« 2017/18 秋冬尾州マテリアル展 コンセプトは「衝突」 | トップページ | コーシェ×ファセッタズム デザイナートーク・セッション »

2016年11月22日 (火)

2017/18秋冬 尾州ヤーンフェア 注目のコットンヤーン

  尾州マテリアル展では、今回初めて糸の展示会「尾州ヤーンフェア(BISHU YARN FAIR)」が同時開催されました。
 中でも注目は、新しく開発されたコットンヤーンです。その技術力やモノづくり力が高く評価されている2社をご紹介します。

浅野撚糸
Img_13261  世界初の撚糸工法で、高級タオル「エアーかおる」をヒットさせている浅野撚糸。今回は特殊撚糸の「スーパーゼロ(SZ)」を大きく打ち出していました。(右はその製品展示)

 SZは紡績糸が持つ元々の撚りと逆方向に撚りをかけることで繊維の間にすき間を作り、従来品の倍近い膨らみを持たせたもの。同じ重さでも普通のタオルの倍ほどの厚みがあり、吸水性も高く毛羽落ちも無撚糸タオルの4分の1程度といいます。

Img_13241_2  とくに「SZ425」は、撚った後に水溶性糸を溶かした糸で、のりでコーティングした上で、逆方向に2倍撚った糸。圧倒的な吸水力となめらかな肌触り、柔らかさを誇ります。
 ブースでは「SZ425」と普通糸を秤にかけ、SZ425はボリュームがあっても軽いことをアピールしていました。

豊島
Img_13341  「オーガビッツ」をはじめ、様々な素材を提案していますが、とくにコットンで訴求していたのが、綿100%の「スプレンダーツイスト」です。特殊技術で撚り合せたコンパクトな精紡交撚糸で、毛羽が少なく、光沢感があります。

|

« 2017/18 秋冬尾州マテリアル展 コンセプトは「衝突」 | トップページ | コーシェ×ファセッタズム デザイナートーク・セッション »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/64531512

この記事へのトラックバック一覧です: 2017/18秋冬 尾州ヤーンフェア 注目のコットンヤーン:

« 2017/18 秋冬尾州マテリアル展 コンセプトは「衝突」 | トップページ | コーシェ×ファセッタズム デザイナートーク・セッション »