« 2017春夏プリスティン 「愛」をテーマに | トップページ | 2017春夏PRO1展 洗練された高級感のあるカジュアル »

2016年11月26日 (土)

2017春夏アンビアンス展 厳選された有力ブランドが集結

 2017春夏コレクションを発表する「アンビアンス(Ambiance)」展が、アマゾンファッションウィーク東京(AFWT)の最中の10月18~20日、東京・渋谷の文化ファッションインキュベーションで開催されました。
 今シーズンは国内外の厳選された有力ブランド、23社が集結し、各社個性的なエッジの効いたデザインを見せていました。私がとくに注目したのは、素材のクオリティやディテールテクニックの高さです。

コハクション(ko Haction) 
Img_15931  小池俊介さんがデザインする「コハクション」は、実験的な服づくりで、いつも新鮮な驚きのあるブランドです。 今季は「クリスプ・ムーヴメント」をテーマに、新しく開発した「デニちり」のコレクションを披露しています。
 これは丹後ちりめんで有名な京丹後産地と共同開発したオリジナルデニムです。ちりめん特有の強撚糸とシルクの洗い加工である精錬を応用してつくったといい、その独特のシボ構造で、光が乱反射し、色に深みが増しているようです。しなやかでソフト、自然のストレッチ感も心地よさそう。
 シルエットは素材感を活かしたシンプルなデザインで、伝統のちりめんがモダンに生まれ変わっていました。

ヴェントリロクィスト(Ventriloquist)
 デザイナー根本貴史さんと伊藤里恵子さんが手がけるブランドで、着々と販売網を拡げている様子です。
 今季のテーマは「ポートレート・オブ・ワーカーズ(Portrait of the workers)」。
Img_15971
 新しい色使いの迷彩柄やジャカード、インディゴ素材、ニットなど、布を巻いたり、結んだり、ねじったり、捩ったり----、アフリカンなイメージを感じさせます。デコンストラクトなデザインに洗練されたセンスのよさを垣間見るコレクションです。

ヘメラ(HEMERA)
  アンビアンス展に初出展したブランドで、代表は太田宏大さん。2014年に東京にカスタムオーダーを立ち上げ、プレタポルテを手がけるのは今季からだそう。
Img_16031
 ブースでは高級素材に着目。スイスコットンで名高いアルモ社の超繊細なボイル地が使われています。仕立てのクオリティも高く、手巻きのふち縫いなど、職人の美しい手仕事の技が印象的です。
 洗練された大人のエレガンスあふれるコレクションです。

|

« 2017春夏プリスティン 「愛」をテーマに | トップページ | 2017春夏PRO1展 洗練された高級感のあるカジュアル »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/64536464

この記事へのトラックバック一覧です: 2017春夏アンビアンス展 厳選された有力ブランドが集結:

« 2017春夏プリスティン 「愛」をテーマに | トップページ | 2017春夏PRO1展 洗練された高級感のあるカジュアル »