« JFW-IFF ⑵ ヒッププロテクターで楽しくお散歩 | トップページ | JFW-IFF⑷ 「日本のファッションビジネスの生きる道」 »

2016年10月 9日 (日)

JFW-IFF⑶日本発 ドクターデニムホンザワと日本人チーム

 JFW-IFFでは、メイド・イン・ジャパンを訴求するブランドも目立ちました。私が注目したのは日本発「ドクターデニムホンザワとメイド・イン・日本人チーム」です。
Img_10981  
Img_11061  RED CARDやfire service、timemachineなどの有力ブランドを有する同社は、ジーンズの製造・加工工程を紹介。
 生地から縫製、仕上げ、ボタンやリベット、ラベルまで、パネルや実物、実演も入れて展示していました。

Img_10931  ブースでは、職人がヒゲをつける加工を見せてくれました。ヒゲというのははき込む過程で擦れてできるアタリ(筋状の色落ち)のことで、ユーズド加工の一つです。こんな風に軽石のようなもので擦ってつくっていくのですね。

 日本製ジーンズは海外で高い評価を博しています。そこには上記のヒゲをはじめとする手作業や、伝統の藍染めの技などが、現代に生かされているからです。デニムならではのウォッシュ加工やヴィンテージ加工、ダメージなど様々なユーズド加工は、今や日本のお家芸といえます。
 細やかな職人の感性にこだわってつくられる日本発のジーンズ、さらなる世界発信が期待されます。

|

« JFW-IFF ⑵ ヒッププロテクターで楽しくお散歩 | トップページ | JFW-IFF⑷ 「日本のファッションビジネスの生きる道」 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/64312466

この記事へのトラックバック一覧です: JFW-IFF⑶日本発 ドクターデニムホンザワと日本人チーム:

« JFW-IFF ⑵ ヒッププロテクターで楽しくお散歩 | トップページ | JFW-IFF⑷ 「日本のファッションビジネスの生きる道」 »