« 落合恵子さん講演会「質問 老いることはいやですか?」 | トップページ | JFW-IFF ⑴ アイエムユーの新シニアブランド「遊子」 »

2016年10月 6日 (木)

「納冨 晋×コシノヒロコ ― HAJIMARIの青」展

 今、東京・銀座のKHギャラリー銀座で、「納冨晋×コシノヒロコ ― HAJIMARIの青」展が開かれています。一昨日行われたレセプション・パーティに行ってきました。
Img_11451  
Img_11461jpg  まず目に入ったのはコシノさんの油絵とともに置かれた焼き物です。これは山口県で昔から親しまれている「青萩」で、萩市の陶芸家、納冨 晋氏の作陶によるもの。淡青から深い濃い青まで、様々な青に、白が雲のように、あるいは雪でも降っているかのようにかかり、流れるような動きをつくり出しています。どこか神秘的な宇宙を思わせる作品もみられました。

Img_11481jpg
 コシノさんにとっても青は特別な色だそうです。お二人の出会いもこの青を通じてだったとか。6年前のNHKの番組「鶴瓶の家族に乾杯」に出演されたコシノさんが、萩の街で偶然見つけた青い陶磁器に惹かれて、作者の納冨氏を訪問したことから、お付き合いが始まったといいます。まさにタイトル通り「HAJIMARI始まりの青」、ご縁とは本当に不思議です。

 青を基調にお二人の相互の感性が響き合う美しい作品を堪能しました。会期は今月23日までです。

|

« 落合恵子さん講演会「質問 老いることはいやですか?」 | トップページ | JFW-IFF ⑴ アイエムユーの新シニアブランド「遊子」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/64302240

この記事へのトラックバック一覧です: 「納冨 晋×コシノヒロコ ― HAJIMARIの青」展:

« 落合恵子さん講演会「質問 老いることはいやですか?」 | トップページ | JFW-IFF ⑴ アイエムユーの新シニアブランド「遊子」 »