« 「鈴木其一 江戸琳派の旗手」展 モダンで粋な異色の琳派 | トップページ | 2017/18年秋冬コットン素材傾向―PV パリ及びMUより »

2016年10月25日 (火)

AFWT 2017春夏 ハナエモリ マニュスクリ ウエディング

 AFWTでウエディングラインを披露したのは、デザイナーの天津 憂が手がける「ハナエ モリ マニュスクリ(Hanae Mori manuscrit)」です。
 清楚な純白のドレスが、虎ノ門ヒルズのアトリウムをさらに明るく見せていました。
Img_15371jpg  
Img_15291
 まずはブランドのシンボルである蝶を背に背負う、優美なドレスからスタート。シンプルなシルエットから次第に甘美なロマンに満ちたドレスが登場しました。女性が一度は着てみたいと憧れる長いトレーンを引くものもあります。

 繊細に輝く刺繍はモルフォテックスとか。これはモルフォ蝶の羽をヒントに開発された、光の干渉で構造発色する新光学繊維です。

 最先端テクノロジーがそこかしこに散りばめられているウエディング・コレクション。ハナエモリらしい、洗練されたエレガンスにうっとりと酔い痴れたひと時でした。
Img_15421

|

« 「鈴木其一 江戸琳派の旗手」展 モダンで粋な異色の琳派 | トップページ | 2017/18年秋冬コットン素材傾向―PV パリ及びMUより »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AFWT 2017春夏 ハナエモリ マニュスクリ ウエディング:

« 「鈴木其一 江戸琳派の旗手」展 モダンで粋な異色の琳派 | トップページ | 2017/18年秋冬コットン素材傾向―PV パリ及びMUより »