« 宮原夢画写真展「Renaissance」 | トップページ | 「コダワリノヌノ2016」展示商談会 シルクにコダワリ »

2016年9月 6日 (火)

登呂遺跡以上に素晴らしかった芹沢銈介美術館

 芹沢銈介は型絵染の人間国宝です。このブログでも2014.10.13付けで、生誕120年記念で開催された「芹沢銈介の世界展」をレポートしていて、一度訪れたいと思っていました。

Img_6009j1pg  この芹沢銈介の美術館へ、先般といっても少し前のことですが、行ってきました。静岡市内にある弥生時代の集落遺跡、登呂遺跡を見たついでという形で立ち寄ったのですが、登呂遺跡以上に素晴らしくて、感銘しました。

 建物は木立の奥に佇んでいて、控えめな感じです。入口はさほど広くはないのですが、館内はゆったりとしていました。木の香りがする展示室は、落ち着いた和の雰囲気に満ちています。Imgp87721池を巡るように配されているのも印象的で、登呂公園の遺跡と自然に溶け込み合っているようでした。
 ちょうど企画展「布と模様のハーモニー -芹沢銈介の着物とアンデスの染織-」が行われていて、芹沢銈介の代表作、「貝文着物」「沖縄風物文着物」など独創的な着物と、芹沢が収集した古代アンデスの染織コレクションが展示されていました。
 そのユニークな模様表現をたっぷり堪能したひとときでした。

 東京からそれほど遠くはありませんし、デザインを学ぶ方には、ぜひおすすめしたい美術館です。

Img_60041jpg  なお芹沢圭介の家も一般公開されていました。
 宮城県北部にあった家を東京に移築し、自ら改装したという板倉造りです。
 ここは写真撮影可で、居間が再現されていました

|

« 宮原夢画写真展「Renaissance」 | トップページ | 「コダワリノヌノ2016」展示商談会 シルクにコダワリ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 登呂遺跡以上に素晴らしかった芹沢銈介美術館:

« 宮原夢画写真展「Renaissance」 | トップページ | 「コダワリノヌノ2016」展示商談会 シルクにコダワリ »