« 石見銀山大森地区 往時の街並みが広がる古民家エリア | トップページ | 出雲で「筒描藍染」の長田染工場を見学 »

2016年8月21日 (日)

出雲大社に参拝!

 昨日のブログの続きです。石見銀山の後、有名な出雲大社に行き、参拝しました。
Img_80851jpg
 ご祭神は縁結びの神として知られ大国主大神です。男女の縁だけではなく、あらゆるご縁を結ぶといわれて、私も神妙にお参りしてきました。
 参拝の作法は、ここでは「二礼四拍手一礼」です。一般の神社が二回手をたたく「二拍手」なのに、ここは四回で、やっぱり別格の神社、と思われました。
Img_80331pg_2
   とくに迫力満点だったのが注連縄です。

 神楽殿のものは、太さが8メートルもあるそうで、日本で最大級とか。

Img_81091jpg_2
Img_80971_2  かわいい因幡の白兎の像もあちらこちらに置かれています。
 この兎の後ろ側には、2014年にご結婚された高円宮家の次女典子さまと千家国麿さんのお名前が刻まれていました。

 次いで隣接する島根県立古代出雲歴史博物館を訪れました。

 出雲大社の古代本殿の10分の1復元模型があります。かつては高さが96メートルもあったとのこと。今とは比べものにならない巨大な木造建築が存在していたようです。
Img_81161jpg  
Img_81131jpg_2  ロビーには平成12年に境内遺跡より出土したという本殿の本物の巨大柱(宇豆柱)が展示されていました。写真は光ってしまい、うまく撮れなかったのですが----。その昔、大社がいかに大きかったかがわかります。

Img_81411_2  ガイダンスしていただいた企画展「いわみもの」も興味深かったです。
 石州瓦の「赤」は石見のシンボルカラーだそうで、ここでも目立っていました。

 車窓から眺めた民家の屋根が、この色で統一されていて、美しいと思ったことを思い出します。

|

« 石見銀山大森地区 往時の街並みが広がる古民家エリア | トップページ | 出雲で「筒描藍染」の長田染工場を見学 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出雲大社に参拝!:

« 石見銀山大森地区 往時の街並みが広がる古民家エリア | トップページ | 出雲で「筒描藍染」の長田染工場を見学 »