« 写真の先駆者「ジュリア・マーガレット・キャメロン展」 | トップページ | 「ミケランジェロ展 ルネサンス建築の至宝」 »

2016年8月 2日 (火)

蓮沼千紘 作品展 脳内から迸る「編みもの」への情熱

 ハンドニットブランド「an/eddy(あん/えでぃ)」を手がける新進ニットクリエイター、蓮沼千紘の作品展が、表参道のギャラリーで明日まで開催されています。
Img_77851
Img_77911  「In my head」をテーマに、脳内をイメージしたというインスタレーションが空間を彩る中、散りばめられているのが、他に類を見ないオリジナルなニット作品です。有機的な立体表現には手の温もり感がいっぱい、「編みもの」への情熱が迸り出ているのを感じます。

 アーティストのCHARAやmiwaらの衣装も提供されているとのこと、今後の活躍が期待されます。

|

« 写真の先駆者「ジュリア・マーガレット・キャメロン展」 | トップページ | 「ミケランジェロ展 ルネサンス建築の至宝」 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/64001214

この記事へのトラックバック一覧です: 蓮沼千紘 作品展 脳内から迸る「編みもの」への情熱:

« 写真の先駆者「ジュリア・マーガレット・キャメロン展」 | トップページ | 「ミケランジェロ展 ルネサンス建築の至宝」 »