« デジタルアート作品展「DMM.プラネッツArt by teamLab」 | トップページ | 写真の先駆者「ジュリア・マーガレット・キャメロン展」 »

2016年8月 1日 (月)

「東京ガールズコレクション」企画・演出・発信力の舞台裏

 東京ガールズコレクション(略してTGC)といえば、毎回3万人以上もの若人を集める一大イベントです。今をいくリアルクローズの祭典で、これが東京から発信されて世界のファッション界に大きな影響を与えているというのにも驚かされます。

Img_73131  このTGCに関する特別講演会が、先般、幕張メッセで開催されたライブ&イベント展で行われました。講師はこのイベントを運営するW mediaの取締役兼メディア事業局局長 一色 淳之介氏です。同氏が語る“「東京ガールズコレクション」に学ぶ、企画・演出・発信力の舞台裏”を簡単にレポートします。 

 まずTGCとは? 2005年にスタートし、年2回開催され、この9月に23回目を迎えるという、史上最大のファッション・フェスタです。誰もが手が届くファッションブランドが勢ぞろいしていて、普通の女性がショーを見ることができ、その場でモバイルを使って服が買えます。また毎回100名以上の人気モデルが出演し、安室奈美恵らトップアーティストや、写真家のレスリー・キーなど時代の旬をつくるクリエイターも集う、エンターテインメント性が強いイベントでもあります。
 さらにメディア・フリーの姿勢を貫いていることも特徴で、どのメディアにも属していないことから、全テレビ局やウエブメディアの全てと連携することできているといいます。これによりほぼ100%の認知度を達成していると胸をはります。

 次にその舞台裏について。収益性を高めるためにコンテンツに投資しているといいます。とくに若年層女性に刺さるような企画を生み出すことに注力していて、大学インターンシップの活用や、メディアとの協働、外部との事業提携で価値創造をはかるなど。ラインのライブや、ECのゾゾタウン、センシ―(人工知能)などとのコラボも例に挙げていました。

 最後に今後について。地方創生と海外展開をより一層強化していくといいます。
 前者ではTGCを多くの地方で実施し、その地の伝統工芸の発掘や、経済効果を高めることに貢献していく。たとえば眼鏡の聖地といわれる鯖江市や、博多織や久留米絣の福岡市、2014年復興支援で行った福島市では、県民が選ぶトップニュースの第一位にTGCがランキングしたことなどを紹介。
 後者では経産省のクールジャパンの旗印のもと、シンガポールでのアジアスタイルコレクションやタイTGCなどの取り組みをプレゼン。来年はニューヨークの国連本部での開催に向けて動いているそうです。
 すばらしい発信力! 世界へ向けて、オール・ジャパンでのTGC展開が、ますます期待されます。

|

« デジタルアート作品展「DMM.プラネッツArt by teamLab」 | トップページ | 写真の先駆者「ジュリア・マーガレット・キャメロン展」 »

ファッションビジネス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/63982076

この記事へのトラックバック一覧です: 「東京ガールズコレクション」企画・演出・発信力の舞台裏:

« デジタルアート作品展「DMM.プラネッツArt by teamLab」 | トップページ | 写真の先駆者「ジュリア・マーガレット・キャメロン展」 »