« インテリアライフスタイル展 マーケットに響くデザイン ⑷ | トップページ | 大和和紀の画業50周年記念原画展  »

2016年7月 3日 (日)

新宿伊勢丹で日本を元気にする山本寛斎“元気祭り”

 新宿伊勢丹は今、夏祭り一色。それも派手やかな赤やゴールドなど、あのカンサイカラーに染められています。これは山本寛斎さんがプロデュースする日本を元気にするイベント「元気祭り with Kansai Yamamoto」です。同店の「ジャパン センスィズ(JAPAN SENSES)」キャンペーンの一環として、5日まで開催されています。
Img_72271jpg
Img_72301_2 本館1階のザ・ステージは、まさにエネルギッシュな寛斎ワールド全開!です。

 ここでは刺激的なクチュールコレクションとともに、デイリーに着こなせるウェアや小物の「カンサイ ヤマモト」コレクション(写真下)も販売されています。
 これは寛斎さんが今年新たにスタートさせたブランドで、このブログで何度も取り上げているアイエムユー(2015.7.29付け2016.1.24付け参照)が手がけています。ポップなロゴやリップモチーフなどのグラフィックが散りばめられていて楽しい感じです。価格もTシャツ6,800円~、スカートやパンツ16,000円ほどとリーズナブル。
Img_72251_2
Img_72391_3  ショーウインドーには、デヴィッド・ボウイが着用したコスチューム(写真左)など、伝説的なショーピースもデイスプレーされています。
 またこのイベントは2階の解放区と3階でも展開されていて、とくに興味深かったのが3階の日本人デザイナーによる山本寛斎トリビュートコレクション(写真下)です。
 「クリスチャン・ダダ」や「ドレスキャンプ」、「ミキオサカベ」、「プラスティックトーキョー」といった旬な日本人デザイナーブランドの商品が展示されています。

Img_72331  
 週末の夜は屋上でボンダンス=盆踊りも繰り広げられているそうです。私はお話しを聞くだけでしたけれど、ワクワクしてきます。

|

« インテリアライフスタイル展 マーケットに響くデザイン ⑷ | トップページ | 大和和紀の画業50周年記念原画展  »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/63861670

この記事へのトラックバック一覧です: 新宿伊勢丹で日本を元気にする山本寛斎“元気祭り”:

« インテリアライフスタイル展 マーケットに響くデザイン ⑷ | トップページ | 大和和紀の画業50周年記念原画展  »