« モーハウス光畑由佳「APEC BEST AWARD」帰国報告会 | トップページ | ソックスガーターが若者に人気とは! »

2016年7月14日 (木)

トークイベント “ OVER 60 ”のファッションを考える 

 先月末、東京・原宿のコロモザで行われたトークイベント「“ OVER 60 ”のファッションを考える」(ファッションスタディーズ主催)に参加しました。
Main768x1087_2  “ OVER 60 ”は、60歳以上のシニアのことです。こうしたシニアのストリートスナップ集も発売されて人気を呼んでいます。それが「OVER 60 Street Snap」(主婦の友社)で、その第二弾がこの春発売されました。
 米国の写真家による「アドバンスト・スタイル展」が昨年に続き今年も開催され(このブログ2016.3.17付け参照) 、最近またシニアのファッションにスポットが当てられているようです。

 今回のトークイベントでは、この「OVER 60 Street Snap」を出版したL’ideal(リデアル)のMASAさんが出演され、パンテリーナ代表の上原佳子さんと対談、シニア談義で盛り上がりました。Img_71421
 まず上原さんが次世代シニアビジネスのターゲットといわれる「ハナコ世代」の話をされ、その後、MASAさんがそれよりもずっと上の世代のシニア女性との体験談を語られました。
 MASAさんは写真家と思っていましたら、実は都内の区役所で福祉ワーカーとして勤務されている公務員でした。この7月には、JICAの仕事でネパールへ行くことになっているそうです。今頃はもうカトマンズあたりにいるのでしょうか。
 L’idealを創業し、街で出会ったおしゃれなシニアを撮影されて、2年前に写真集「OVER 60 Street Snap」を刊行。いわゆるステレオタイプではないシニア像が、若ものたちの憧れを誘い、大ヒットします。ファッション雑誌の低迷をよそに、何と5万部を売り上げたそうです。
 そのモデルとなった女性たちのお話しを伺って驚きました。彼女たちはファッション業界とはまったく無縁な人たちです。しかも既製の服はほとんど買わないというのです。手先の器用な方が多いらしく、手元にある服を自分の好みに直して着ているといいます。アクセサリーも手作りで、中にはこれで起業した人もいらっしゃるようです。
 売り場で気に入る服が見つからないといったこともあるようですが、「お仕着せは嫌」というこのマインド、それに主婦のリアル感は注目されます。

 今後のファッションビジネスのヒントが詰まったイベントでした。

|

« モーハウス光畑由佳「APEC BEST AWARD」帰国報告会 | トップページ | ソックスガーターが若者に人気とは! »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/63913541

この記事へのトラックバック一覧です: トークイベント “ OVER 60 ”のファッションを考える :

« モーハウス光畑由佳「APEC BEST AWARD」帰国報告会 | トップページ | ソックスガーターが若者に人気とは! »