« ルノワール展 「服飾史から読み解くルノワール」 | トップページ | トークイベント “ OVER 60 ”のファッションを考える  »

2016年7月13日 (水)

モーハウス光畑由佳「APEC BEST AWARD」帰国報告会

 先月末、ペルーのリマで開催された「APEC女性と経済フォーラム」から帰国された「モーハウス MO-HOUSE」代表の光畑由佳さんの報告会(ライターズネットワーク主催)が、昨夕、同社で行われました。Img_73481このブログ2014.6.1付けでも、ご紹介しているように、同社は授乳服ビジネスの先駆者です。

 2014年のAPEC北京大会でも日本代表の一人としてスピーカーを務められた光畑さん。今年は新設された「APEC BEST AWARD(ビジネスにおける効率性及び成功目標賞)選考会」に、唯一の日本人としてノミネートされたといいます。なお彼女の他に日本から参加したのは林文子横浜市長だったそうです。
 6月26日にペルー入りし、27日に「女性と経済に関する官民対話」の家事支援制度分科会でスピーカーとして発表。現地大学からTV取材があり、29日にAWARDプレゼンテーションを行ったといいます。受賞は残念ながら逃されたそうですが、その内容は「ガラスの壁」の話など、大変興味深かったです。出世を目指す女性にはよく「ガラスの天井」があるといいますが、子連れ出勤するママには四方八方に「ガラスの壁」があるというのです。これを打ち壊すにはトップダウン方式もありますが、やはり外部から殻を破っていかないといけない。教育も必要と話されました。
 現地コメントもなかなか面白く、「幼少期の0~3歳に母乳育児は大事だと思うので、それをビジネスにしたアイディアはすごい」など、好評だった様子です。

 女性起業家として優れた手腕を発揮する光畑さん。でもそれ以上にすばらしいと思うのは、女性のライフスタイルを変えようとしていることでしょう。授乳服があるおかげで、母になっても乳児を抱えて気軽に外出できるようになりました。そしてその気になれば、モーハウスのスタッフのように働くことだって可能になったのです。

 赤ちゃんの誕生祝いというと、ベビー用品ばかりが選ばれます。でもこれからは私も、母になる人のために授乳服を贈ろうと決心したことでした。

|

« ルノワール展 「服飾史から読み解くルノワール」 | トップページ | トークイベント “ OVER 60 ”のファッションを考える  »

ファッションビジネス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/63910586

この記事へのトラックバック一覧です: モーハウス光畑由佳「APEC BEST AWARD」帰国報告会:

« ルノワール展 「服飾史から読み解くルノワール」 | トップページ | トークイベント “ OVER 60 ”のファッションを考える  »