« クラフトワーク×テクノロジー時代のファッション | トップページ | 「まとふ」で「立原位貫―木版画で日本の美に触れる」展 »

2016年7月23日 (土)

2017/18秋冬COTTON INCORPORATEのトレンド予測

 先般、東京で米国コットンインコーポレイテッドCOTTON INCORPORATE社の2017/18秋冬向けファッションのトレンド予測プレゼンテーションが行われました。

Img_69041 講師はニューヨーク支部シニア・トレンド・フォーカスター、レイチェル・クランブレーさんです。
 いつものように映像でテーマを紹介し、世界各地から収集した実物サンプルを見せていただきました。

 テーマは次の5つで、詳細は日本綿業振興会発行の「コットンプロモーション2016夏号」に掲載されています。併せてご覧ください。

 ここではそのポイントだけまとめてみましょう。
⑴SENSIBILITY センシビリティ 
 リアルクローズに価値を置き、長く使えるものを求める傾向を反映したテーマ。たとえば「30年Tシャツ」という、ほぼ一生着用できる服への注目や、また「セルフクリーニング・デニム」も紹介。これはシルバーを織り込んだデニムで、シミにならない、濡れない、いつも清潔なことを実現したジーンズ。
 カラーはユニフォームに見られるような赤やネイビー、グレーなど、飽きのこないカラー。

⑵NON COMMITTAL ノン・コミッタル (曖昧、はっきりしない)
 ビューティ業界で見受けられる変身願望やフェイク・タトゥなどからの影響。また形態をゆがませる、揺れ動かすといったカタチを変化させることへの関心をテーマにしたもの。
 カラーはコスメにみられるようなピンクやオレンジ系。

⑶SLOW-MO スロー・モー
 テクノロジーの進化で、余りにも急ぎ過ぎる現状を反省するテーマ。ディオールのデザイナー、ラフ・シモンズも多忙を理由に昨年辞任。“ゆっくりのんびりいきましょう”というもの。
 カラーは、霧がかかったような秋冬らしい色調。

⑷NEW FRONTIER ニュー・フロンティア
 新たな未開拓地は宇宙。アマゾンのジェフ・べゾスCEOも宇宙開発事業に乗り出したり、また火星で水が発見され、アイスハウスが考案されたり。たんぱく質や野菜などの食材を宇宙で調達する実験もスタート。
 カラーは、ダークカラーと氷のようなカラーの組み合わせ。

⑸TRANSCENDENTAL トランセンデンタル 
 超自然的で神秘的なストーリー。ホリスティック医学への関心や、ヒーリング、瞑想、ヨガなどが人気を集めていることから、浮上してきたテーマ。
 カラーは、センサーのような鮮やかな赤やバイオレット、プラムなど。

|

« クラフトワーク×テクノロジー時代のファッション | トップページ | 「まとふ」で「立原位貫―木版画で日本の美に触れる」展 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/63961761

この記事へのトラックバック一覧です: 2017/18秋冬COTTON INCORPORATEのトレンド予測:

« クラフトワーク×テクノロジー時代のファッション | トップページ | 「まとふ」で「立原位貫―木版画で日本の美に触れる」展 »