« 日本磁器誕生・有田焼創業400年「有田の魅力展」内覧会 | トップページ | 「ファッションメディアの将来を考える」セミナーから »

2016年6月27日 (月)

「場と間 クリスマス」展 広場は光のページェント

 「場と間 クリスマス」展が、先般5月25-28日、東京タワー近くのスターライズタワーで開催されました。もうクリスマス商戦とは気が早いですが、この時期に展示会を行なわないと、輸入品が多いクリスマス商材は発注が間に合わなくなるそうです。
Img_66381
 会場を進むと、暗闇の中から光のページェントのような空間が現れました。ヨーロッパの小さな町のクリスマスにでも来たかのようです。ほんものの樅の木や切り株もあちらこちらに置かれていました。
 その周りを囲むのが、クリスマス・オーナメントやパーティグッズ、プレゼントなど楽しいアイテムを出品した出展者、51社です。なお来場者は4,500人だったといいます。

 とくに注目したブースをご紹介します。

〇Ouef (フランス語の卵という意味)
 優しくてカワイイぬいぐるみがいっぱい。
 フランス系アメリカ人のカップルが創る楽しいデザインです。とくに猫のロングマフラーが可愛かったです。ボリビアの職人の手で編まれたベビーアルパカやペルーのナチュラルなコットンを用いているのがこだわりとか。
Img_66451
〇ma.macaron (マ・マカロン)
Img_66401jpg  お皿にのった芋虫にびっくり。虫や花、果物などをモチーフにした刺繍のアクセサリー・オブジェは、ほんものそっくりです。
 すべて横振りミシンで制作し、立体的に表現したといいます。

〇GRAFICA
Img_66471  世界各国のデッドストックとなった壁紙をモチーフに、ブックカバー、ポーチ、パスケースを提案しています。

 日本にはないような木目や樹皮を思わせる質感が印象的でした。

|

« 日本磁器誕生・有田焼創業400年「有田の魅力展」内覧会 | トップページ | 「ファッションメディアの将来を考える」セミナーから »

服飾雑貨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「場と間 クリスマス」展 広場は光のページェント:

« 日本磁器誕生・有田焼創業400年「有田の魅力展」内覧会 | トップページ | 「ファッションメディアの将来を考える」セミナーから »