« インテリア ライフスタイル展 「伝えたくなるデザイン」 ⑴ | トップページ | インテリアライフスタイル展 思い込めたアイディアグッズ⑶ »

2016年6月30日 (木)

インテリア ライフスタイル展 アワード発表 ⑵

 昨日のブログの続きです。
Img_67411  第26回インテリア ライフスタイル展の会期初日、2つの賞が発表され、授賞式が行われました。

 一つは「Best Buyer’s Choice2016」賞です。出展者822社の中から選出されたのは、初出展の平安伸銅工業の「DRAW A LINE 一本の線から始まる新しい暮らし」でした。
 同社は大阪で「突っ張り棒」市場でトップシェアの老舗メーカーといいます。これまで単に便利グッズとして扱われがちだった突っ張り棒を、暮らしを豊かにする「一本の線」として再定義し、ライトをプラスしたり、シェルフやマグネットをつけたり、テーブルにしたり。
Img_6754j1pg
 突っ張り棒も、こんな風に発想を転換し少し工夫すると、インテリアをよくするものになるのですね。

 もう一つは「Young Designer Award」賞で、若手デザイナーを支援する特別ゾーン「TALENTS」から、studio yumakano 狩野佑真氏が受賞しました。
 同氏はデザイナーでアートディレクター、神奈川県川崎市内の造船所内に事務所を構え、造船所という環境を活かしながらプロダクトデザインを中心にインテリアや建築、アート、インスタレーションなど様々なプロジェクトを行っているといいます。

Img_67751jpg
 受賞作品の「電球の一輪挿し」は、使用済みの白熱電球に穴を開けて、電球を一輪挿しとして蘇らせたものです。花を支える役割を担っているのは、電球のフィラメントです。
 日本では最近LED電球の普及で白熱電球の存在が消えつつあります。環境を守るために「消えゆくデザインを何か違うカタチで残せないか」という思いでつくられたというこの作品に、審査員も優しい情緒を感じたのでしょう。そのサスティナブルな考え方が、今回の受賞につながったようです。

Img_67461jpg  ブースでは自転車の置台も出品されていました。

 自転車置き場にこんな自転車型の置台があったらステキと、ちょっとワクワクしました。

Img_67781_2
 来年 2017 年のドイツ・アンビエンテに招待出展されることになっているとのことで、今後の活躍が期待されます。

|

« インテリア ライフスタイル展 「伝えたくなるデザイン」 ⑴ | トップページ | インテリアライフスタイル展 思い込めたアイディアグッズ⑶ »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/63846736

この記事へのトラックバック一覧です: インテリア ライフスタイル展 アワード発表 ⑵:

« インテリア ライフスタイル展 「伝えたくなるデザイン」 ⑴ | トップページ | インテリアライフスタイル展 思い込めたアイディアグッズ⑶ »