« 日伊国交150周年 大トリの秋川雅史コンサートに感動! | トップページ | 「立花文穂の紙々」展 紙データの意味を考える »

2016年5月31日 (火)

操上和美×コシノヒロコ 写真と油彩画のコラボ展

 写真家の操上和美さんとファッションデザイナーのコシノヒロコさんによる、写真と油彩画のコラボ展が今、KH ギャラリー銀座で開催されています。先日レセプションが行われ、参加してきました。

Img_66651jpg

Img_66701  操上さんとコシノさんは、長年のお友達だそうです。今回の展覧会では、操上さんはコシノさんに負けない遊び心のあるものをと、ソラリゼーションという手法による新作13点を発表されています。
 現実の色彩を反転させた、ちょっとサイケデリックな幻想的世界を映し出す作品です。被写体はご家族など、ごく日常的な光景を撮ったもので、某有名スタイリストの写真もあるそうですが、謎めいています。
 広告写真をはじめグラフィックや映像など、様々な領域で革新的な写真表現を切り開いてきた方らしい、前衛的なクリエーションと思いました。 

Img_66611jpg  コシノさんも、絵でなくては表現できないというオリジナル手法で描いた作品4点を出品しています。黒の油絵具で描いたラインを反転させた油彩画で、植物をイメージしているといいます。
 それにしてもいつものカラフルなグラフィックから離れた、かなりストイックな印象です。「今回展ほどプレッシャーのかかった展覧会はなかった」そうですが、何か心境の変化でもあったのでしょうか。

 なお本展は今月12日までの開催です。どうぞお早めに。

|

« 日伊国交150周年 大トリの秋川雅史コンサートに感動! | トップページ | 「立花文穂の紙々」展 紙データの意味を考える »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/63705188

この記事へのトラックバック一覧です: 操上和美×コシノヒロコ 写真と油彩画のコラボ展:

« 日伊国交150周年 大トリの秋川雅史コンサートに感動! | トップページ | 「立花文穂の紙々」展 紙データの意味を考える »