« 京都 織物文化館 圧巻の「織物の意匠にやどる琳派」展 | トップページ | ファッションワールド東京 シャツブランドに注目 »

2016年4月24日 (日)

荻原延元 個展・回顧展 すばらしい日本画の世界

 画家で川村学園女子大学教授の荻原延元先生が、先月23~27日、荻窪の画廊で個展・回顧展を開かれました。先生には服飾文化学会で大変お世話になり、お礼も兼ねて行ってきました。
Ogiwara2016dm02306x220     「旅路十題」と題された絵日記は、繊細な筆致の中に強さがあって旅情にあふれています。優しいタッチの絵巻物も印象的でした。
 それにしても、こんなにもいろいろなところ、奥州路や大和路、信濃路----、それに中国の桂林などにも旅をされていたとは! 先生の博識ぶりは、旅から来ているのかもしれません。
 
Img_53032  ギャラリートークは、お人柄そのままの率直な語り口で、ユーモアたっぷり、楽しく拝聴しました。

 ホールでは、大作「朱の船底」の大胆な構図や色使いに驚嘆し、院展に出品されたという美しい「午後」などの力作を拝見。すばらしい日本画の世界を堪能した一日でした。

|

« 京都 織物文化館 圧巻の「織物の意匠にやどる琳派」展 | トップページ | ファッションワールド東京 シャツブランドに注目 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/63541112

この記事へのトラックバック一覧です: 荻原延元 個展・回顧展 すばらしい日本画の世界:

« 京都 織物文化館 圧巻の「織物の意匠にやどる琳派」展 | トップページ | ファッションワールド東京 シャツブランドに注目 »