« 2016/17秋冬「PRO1.」展 新進気鋭のブランドが集結 | トップページ | 「PARISオートクチュール-世界に一つだけの服」展 »

2016年4月19日 (火)

2016/17秋冬ネスト+パッサージュ展 「For Woman」テーマに

  「ネスト+パッサージュ(NEST+PASSAGE)展」は、厳選されたブランドが集まる展示会を開催してきたNESTと、女性の為のライフスタイルプロダクトが集まる合同展を開催するGAS AS I/Fとが、共同企画した合同展示会です。先月22~24日、東京・代官山で、「For Woman」をテーマに行われた2016/17秋冬もの展には、ファッションからアクセサリー、ライフスタイルプロダクト、オーガニックアイテムまで、幅広いブランドが参加。いずれも”自分らしいライフスタイル”を表現するものばかりでした。

 その中で注目したファッションブランドをご紹介します。

〇アカネ ウツノミヤ AKANE UTSUNOMIYA
Img_51771_3
Img_51821_3    ブランドを手がけるのは、ロンドンのセントマーチン出身のデザイナー、蓮井 茜さん。
   Modern, Luxury, Creativity を軸に自分なりの表現を見ていただきたいといいます。
  今季、こだわりの素材は、ネップヤーン使いのニット、エナメルやベルベットも散見されます。
 とくにグラデーションに染めたインディゴデニムの一連も人気の様子、ご本人もパンツを着用されていました。

〇ジュン オカモト Jun Okamoto
Img_51941_3 ブランドを手がけるデザイナー、岡本順さんは、自らが書く物語をテーマにコレクションを展開しています。
  今季のテーマは「時」で、「彼」から見た「彼女」の様々な情景を切り取り、プリントやディテールに落とし込んだといいます。

Img_51931  全体にスポーティでリラックスした感覚にあふれたコレクションで、とくに目がテンになったのがパーカです。繊細なシワのある表面感やしなやかさとボリュームのある質感を、シンプルに生かしたデザインで、スウェットとは思われないエレガントな趣を感じました。

Img_51651_3〇ナイフ NAIFE
   切れるナイフのように「ストレートに、大胆に」新しい視点を提案するブランドで、デザイナーの梶永真治さんが手がけています。


Img_51671  今季テーマは「ポストイット」で、綿のグレージャージーにカラフルな付箋をオプティカルアートのように貼りつけたり、ファスナーに付けたり、ポケット口にメモ用紙をあしらったり。 楽しいデザインがいっぱいのコレクションでした。

〇ペイジ PAIGE
Img_51891  前シーズンは高級感のあるパジャマを訴求していましたが、今シーズンはそこから抜け出し、ルームウェア=室内のようで、ルームウェアではないワードローブを提案しています。
 「ペイジ」とは「社交的なのに実はシャイな女の子」の意味だそう。そんな雰囲気のシンプルで甘すぎない、少し辛い世界観を表現しています。上質な素材使いで、着る人のナチュラルな美しさが引き立つコレクションです。

|

« 2016/17秋冬「PRO1.」展 新進気鋭のブランドが集結 | トップページ | 「PARISオートクチュール-世界に一つだけの服」展 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/63511907

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/17秋冬ネスト+パッサージュ展 「For Woman」テーマに:

« 2016/17秋冬「PRO1.」展 新進気鋭のブランドが集結 | トップページ | 「PARISオートクチュール-世界に一つだけの服」展 »