« 2017春夏向け桐生産地展 「丸中」の木の皮テキスタイル | トップページ | 2016/17秋冬「PRO1.」展 新進気鋭のブランドが集結 »

2016年4月17日 (日)

2016/17秋冬アンビアンス 「独自の勢い」テーマに合同展

 先シーズンより新しくスタートした合同展「アンビアンスambiance」が先月中旬、東京・渋谷で開催されました。参加したのは19の若手ファッションブランドで、「独自の勢い」をテーマに、2016/17秋冬向け新作を披露しました。

〇エルザ・ウィンクラー ELZA WINKLER
Img_48241  今季で4シーズン目を迎える日本のブランドで、手がけるのはデザイナーの中井英一朗さん。テーマは小道を意味する“path”で、枝分かれするカットの技が、才能を感じさせます。
 背筋がピンと伸びそうなコートなど、しっかりしたシルエットが美しいエレガントなコレクションです。

〇ヴェントリロクイスト Ventriloquist
Img_48181  この腹話術師という意味を持つブランドを手がけるのは、ファッションデザイナーの根本貴史さん。
 今季も1点1点、手間暇かけて仕上げたコレクションを見せていました。

Img_48191  がま口バッグの新作も出ています。
 どこか古き良き昔をしのばせる、あたたかい温もりのあるデザインに魅せられます。

 

〇ヤナギサワ・ヨウジ YANAGISAWA YOHJI
Img_48141  不足の美や未完の美といった禅の美意識を服に込めて、コレクションを展開しているのが、デザイナーの柳澤陽司さん。そのストイックな情緒性を追求したものづくりに注目しています。
 今季も、墨汁染、ろうけつ染など日本でかつて使われた染色法を織り交ぜ、水墨画のような黒の濃淡のみで、その世界観を表現していました。

|

« 2017春夏向け桐生産地展 「丸中」の木の皮テキスタイル | トップページ | 2016/17秋冬「PRO1.」展 新進気鋭のブランドが集結 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/63510873

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/17秋冬アンビアンス 「独自の勢い」テーマに合同展:

« 2017春夏向け桐生産地展 「丸中」の木の皮テキスタイル | トップページ | 2016/17秋冬「PRO1.」展 新進気鋭のブランドが集結 »