« PVパリ 「京都レザー」が型友禅染め和牛レザーで初出展 | トップページ | PVパリ 2017春夏ファブリックで人気の日本素材 »

2016年3月12日 (土)

PVパリ 小松精練 コンブ×ホールガーメントの画期的バッグ

 プルミエールヴィジョン(PV)パリでいつも注目しているのが、日本の最先端ファブリックメーカー、小松精練です。
Img_38151_3  今期は、先シーズンも見かけた「コンブ(KONBU)」のバッグが拡充、さらに進化していました。

 それは無縫製ニット素材のホールガーメントを組み合わせたバッグです。ちなみにコンブとはその名前の通り、昆布のような凹凸のある表面感が特徴で、しっかりと硬いナイロンです。彩り鮮やかなことにも目を奪われます。Img_38391島精機製作所のホールガーメント機を導入し、製品化したバッグは、縫い目がなく、軽くてごわつかない、画期的なバッグと思いました。

 先般のメゾン・エ・オブジェ1月展で初めて披露され、好評を得たといいます。PVパリのバイヤーの反応も上々の様子で、今後ますますこのような生活雑貨に注力されていくようです。

|

« PVパリ 「京都レザー」が型友禅染め和牛レザーで初出展 | トップページ | PVパリ 2017春夏ファブリックで人気の日本素材 »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/63336075

この記事へのトラックバック一覧です: PVパリ 小松精練 コンブ×ホールガーメントの画期的バッグ:

« PVパリ 「京都レザー」が型友禅染め和牛レザーで初出展 | トップページ | PVパリ 2017春夏ファブリックで人気の日本素材 »