« PVパリ 2017春夏ファブリックで人気の日本素材 | トップページ | コットン・ファッション・セミナー開催のお知らせ »

2016年3月14日 (月)

PVパリ 「タキヒヨー」の新作コレクションが印象的

 今期プルミエールヴィジョン(PV)パリに出展した日本企業の中で、とくに印象に残ったのが名古屋の繊維専門商社「タキヒヨー (TAKIHYO)テキスタイル事業部」の新作コレクションです。
 出展して2シーズン目となる今回も、前回同様ブースは大入りで、このところの景気後退やテロの影響はない様子。輸出は堅調に伸びているといいます。
    人気は強撚綿とナイロンやポリエステル混シリーズやカットジャカード。Img_37281_2 カットジャカードは今季のベストファブリックに挙げられていますが、同社のそれは光って透ける、軽やかな二重織です。しかもインクジェットプリントが施されているものもあり、表面から見るとその柄が揺れ動いて見えます。水面から水底を覗いているような気分にさせられる、3D感覚なテキスタイルです。
Img_37151jpg  Img_37181_4


 また今シーズンは軽量化にチャレンジ、100g以下でつくることを目指したそうです。和紙/シルクのドライなタッチのツィーディな生地など、見た目以上に軽くて驚かされます。
Img_37241jpg  さらに和を意識した本格的な藍染めや泥染め、西陣伝統の螺鈿織を思わせるモルフォテックス使いのジャカードなど、老舗らしい匠の技にこだわったコレクションはすばらしく、感銘しました。
 品質にうるさいラグジュアリーブランドも認める服地メーカー、ここにありですね。

|

« PVパリ 2017春夏ファブリックで人気の日本素材 | トップページ | コットン・ファッション・セミナー開催のお知らせ »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/63339847

この記事へのトラックバック一覧です: PVパリ 「タキヒヨー」の新作コレクションが印象的:

« PVパリ 2017春夏ファブリックで人気の日本素材 | トップページ | コットン・ファッション・セミナー開催のお知らせ »