« 2017年春夏コットン素材傾向―PV 及びMUより | トップページ | AW 16/17バイユー 心ときめく「スウィート×ロック」 »

2016年3月30日 (水)

AW 16/17モトヒロタンジ 「空間の歪み」をテーマに

 デザイナー丹治基浩が手がけるニットのブランド、「モトヒロ タンジ(Motohiro Tanji)」がメルセデスベンツ・ファッションウィーク東京(MBFWT)渋谷ヒカリエで、16/17秋冬コレクションを発表しました。

Img_49101  テーマは「空間の歪み Distortion of Space」です。
 太いリブやケーブル編みなどで編んだ編地を、ずらしたり、回転させたり、歪ませたり----、上下左右が入り乱れて、有機的なボリュームのニットウェアをつくり出しています。カラーは白、黒、ネイビーに絞り、独創的なフォルムを際立たせていました。

 ショー後行われたインタビューで、丹治デザイナーは、歪んだ空間が生み出すデイリーなニットウェアを意識してデザイン制作したといいます。そういえば客席の方も位置や高さがランダムに配置されていて、少し不思議な感じがしていたのですが、これも「空間の歪み」の表現だったようです。

 ボトムはほとんどがブルージーンズとの組み合わせでした。デニムと合わせることで、日常的に普段使いできるニットウェアであることを示したかった、と話されたのが印象に残っています。
Img_49201 Img_49251

|

« 2017年春夏コットン素材傾向―PV 及びMUより | トップページ | AW 16/17バイユー 心ときめく「スウィート×ロック」 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/63411394

この記事へのトラックバック一覧です: AW 16/17モトヒロタンジ 「空間の歪み」をテーマに:

« 2017年春夏コットン素材傾向―PV 及びMUより | トップページ | AW 16/17バイユー 心ときめく「スウィート×ロック」 »