« 2017春夏PVファブリック スタイルフォーカスに関心 | トップページ | PVパリ結果速報 来場者数よりも来場者のレベルの高さ »

2016年3月 1日 (火)

2017春夏PVファブリック 自然/人工の融合

 プルミエールヴィジョン(PV)ファブリックのフォーラムには、現在の店頭の次を感じさせるクリエーションがあふれていました。 とくに自然/人工の融合は、今後ますます大きなテーマになってくると思われます。
Img_40451jpg_2
Img_40461  「テク・フォーカス」のフォーラムでは、アウトドア素材グループに、コットンタイプ素材が提案されていました。
 ポプリンやキャンバス、ギャバジンといったクラシックな無地で、合繊なのにコットン風であり、またコットンなのに合繊風に仕上げられています。

 このフォーラムには、主に機能的なテクノロジーを駆使したアスレティック・スポーツ用途の素材が集まっているのですが----、しかしこうした素材もタウンユースを意識し、ナチュラル感を追求し始めているようです。
 コットンも天然のテイストに安住しているばかりではいかなくなっています。

|

« 2017春夏PVファブリック スタイルフォーカスに関心 | トップページ | PVパリ結果速報 来場者数よりも来場者のレベルの高さ »

テキスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/63275546

この記事へのトラックバック一覧です: 2017春夏PVファブリック 自然/人工の融合:

« 2017春夏PVファブリック スタイルフォーカスに関心 | トップページ | PVパリ結果速報 来場者数よりも来場者のレベルの高さ »