« AW16/17ディウカ 「イン・プログレス」未完の服の力強さ | トップページ | AW16/17セイジ イノウエ 「対比と融合」をテーマに »

2016年3月22日 (火)

AW16/17グェン・ツォン・トリ ベトナム発クチュールの美

 メルセデスベンツ・ファッションウィーク東京(MBFWT)では、今シーズンも海外から有力デザイナーがコレクションを発表しています。
  その一人がベトナム人デザイナー、グェン・ツォン・トリです。自身が手がけるブランド「グェン・ツォン・トリ(NGUYEN CONG TRI)」で、今回初めて東京コレクションにデビューしました。

 Img_45071_2ランウエーではベトナムの民族衣装、アオババ(ao BaBa)を基調に、洗練されたクチュールの美を披露。アオババはアオザイの裾を短くしたVネックのシャツ型の服で、これを着て農作業をする女性の姿が発想源といいます。稲穂をイメージしたモチーフもたくさん見られ、印象的でした。

 素材にはベトナム特有の艶のある最高級シルクが使われ、フリンジや刺繍などの装飾ディテールにも、職人の技が再確認されます。ベトナムのアイデンティティに最新の技術を融合させた、トレンド感のあるデザインで、同国では今、実力、人気ともにナンバーワンとか。日本から世界へ上っていかれることでしょう。
Img_45251Img_45291jpg_2

|

« AW16/17ディウカ 「イン・プログレス」未完の服の力強さ | トップページ | AW16/17セイジ イノウエ 「対比と融合」をテーマに »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588192/63372470

この記事へのトラックバック一覧です: AW16/17グェン・ツォン・トリ ベトナム発クチュールの美:

« AW16/17ディウカ 「イン・プログレス」未完の服の力強さ | トップページ | AW16/17セイジ イノウエ 「対比と融合」をテーマに »